コンセントがあると便利だけど忘れがちなところ

悩みに悩んだ末、ついに間取りが決定。
次は、電気関係のことを決めなければいけない。
照明も悩みますが、コンセントの数と位置もかなりしっかりと考えなければいけません。
そして、どれだけ考えても住みはじめると、ここにもつけておけばよかった、と感じるのがコンセントです。
致命的な問題にはなりにくいコンセントですが、多くの方が忘れてしまって、少々後悔している位置などを何点かあげてみます。

0288

ネットワーク機器用のコンセント

いまやネット接続は必須。
LTEなどがあるとはいえ、家では光を引いている人が多いと思います。
そして、ネットワーク機器、ルーターなどには必ず電源が必要です。
光ファイバーを宅内に引き込みホームゲートウェイ、ルーターなどを置く場所には当然コンセントが必要。
そこからは無線だからと考えますが、電波が届かなかったとき用に意外なところにコンセントがあるといい場合があります。
電波が届いた場合、意味がないコンセントになってしまいますが、ルーターが置かれるであろう階と別の階の中央の部屋に、エアコンのコンセントような少し高い位置にコンセントを一つ配置する。
もちろんエアコン用とは別に。
その部屋にWiFiが届くことが条件となりますが、そこにコンセントに直に差し込む無線LAN中継機を挿せば、その階も安心です。
これが普通のコンセントのような高さだと、意外と机とかベッドとか壁に付けたいようなものの裏になってしまうため、中継機の厚みすら邪魔に感じることが出てきます。
なのでエアコンのように高い位置のコンセントを準備しておくと便利。
ただ、この場合、中継機とコンセントは少々目立ってしまいますので、低い位置で絶対に物を置きそうにない位置があったら、そこにコンセントを配置するのがベストかも。

季節によって飾ったりするもの用

忘れてしまうことが多いのがこれ。
そこまでは考えないかもしれませんが、飾る場所を想定して、目立たない位置にコンセントを配置しましょう。
定番なのはクリスマスツリー。
電飾のコンセントがないというのは本当によく聞きます。
仕方なしに
クリスマスツリーを置いた時、コードが見えないような位置にコンセントを配置しておくよいでしょう。
電気を検討する季節によって抜け落ちてしまうことが起きるので、コンセントを検討するときは、今とは逆の季節のことも想定して考えてください。

クローゼットなど収納の中

最近は掃除機など充電ものが多いのでクローゼットの中にもコンセントがあると何かと便利です。
充電中も出しておく必要がなくなります。
掃除機なんてその最たるもので、掃除機って結構大きいですよね。
それを充電するのに外に出して充電するのってかなりの邪魔ものです。
さらに、充電後しまわなければならない。
2度手間なんですよね。
クローゼット内にコンセントがあれば、しまった状態で充電可能になります。

他には、デジカメなど。
充電しておくのに、デジカメをいちいち外に出さずにクローゼットなどの中で充電できます。
後は、土間収納にも必須です。
土間収納は、他の収納と替えがききません。
クローゼットのものはしまう場所をコンセント付のクローゼットに変更すれば充電できたりします。
でも、土間収納は外で使用するものを収納するという他のクローゼットとは替えのきかない収納となっています。
ここだけは絶対に忘れないようにしましょう。

とにかくいろいろなものの充電用に各クローゼットや収納内に一ヶ所コンセントがあると何かと便利です。
ただ、収納内のコンセントはその前に物が置かれることも多く、多少心配もあります。
こんなものもありますので、対策しておくと
クローゼット内で延長コードを引き回すのはそれほど面倒でもありませんし、見た目はクローゼット内なのでまったく目立ちませんのでコンセントの位置はどこでもかまわないので、どこかにつけておくといいでしょう。

ダイニングテーブルの下

床に取り付けできるコンセントがあると非常に便利。
使用するときだけ押すと出てきて、普段は引っ込んでいる。
ホットプレートなどを使用するときコードを壁から引っ張ると、小さなお子様がいる場合、ひっかけてしまうのではないかとすごく心配です。
ダイニングの下にコンセントがあればそういう心配はなくなります。
使うときに床から出てくるタイプ。
普段は引っ込んでいて、ほぼ平らとはいえ、床に余分なものが付くため見た目は気になるかもしれません。
ただ、なにもないフローリングの床にあれば目立つかもしれませんが、ダイニングテーブルの下になるならそれほど気になりません。
あらかじめテーブル位置を考えて、位置を検討しておけば問題にはならないと思います。
テーブルの脚の位置にも気をつけておけば完璧です。

最後に注意点

よくコンセントを付け忘れてしまうところは、こんなところでしょうか。
最後に注意点を一つ。
コンセントをどこにつけようか考えていると、付け忘れをなくすため、たくさんつけてしまおうと考えてしまいます。
間違いではありませんが、コンセントって見た目はそれほどいいものではありませんよね?
また、それほど広くない空間にたくさんコンセントがあると、コンセントが異常に目立ってしまいます。
ある程度余分につけておくのはいいのですが、見た目のことも少しは考慮して検討してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク