天井材に木を使う場合は注意が必要

床はフローリングで当然のように木を使う。
でも、天井は普通の壁紙仕上げが多い。
天井を木の羽目板にすると面積が大きいこともあり、一気に木質感がアップします。
ただ、木質感はアップしますが、注意点もいくつかあります。

0336

部屋が暗くなる

天井が壁紙の場合、色はほとんどの場合、白系の色。
それに対して、木の羽目板では、茶系の色になります。
どうしたって白よりは暗い色。
よく言えば、落ち着いた雰囲気の部屋ともいえますが、部屋が暗いと感じることもあります。
しかも、天井はとても面積が大きく、天井面には照明くらいしか物がありません。
そのため床面よりも色の印象が強くなります。
木の色には気をつけましょう。

部屋が狭く感じる

天井の色が濃い色だと、部屋が暗く感じるだけでなく、もう一つ受ける印象があります。
天井の圧迫感を感じて、部屋を狭く感じるということです。
この効果は、色による視覚の効果なのでどうしようもありません。
あえて言えば、

無垢の天井材は割れることも

床は無垢のフローリング。
ならば天井も当然無垢のものをと考えますが、無垢の天井には割れが入ることがたまにあります。
床のほうが常に踏まれたり力が掛かっているのに、フローリングが割れることはほぼありません。
なぜだろうと思うかもしれませんが、天井材は力が掛からないので、フローリングより薄い材料が使われます。
そのため割れのリスクが高くなるようです。
とはいえ、床が無垢材で天井が合成材というのも見た目的にはいまいちです。
多少の割れは覚悟の上での採用が必要です。

注意点としてはこんなところでしょうか。
これらの問題はいくつか対策を採ることができます。

天井を高くする

天井が低く見えるなら、もともとの天井高さを上げておくという方法があります。
ただ、これはコストアップもありますが、天井をあげるということは冷暖房の効きにも影響するので気をつけましょう。

広い部屋に採用する

天井からの圧迫感により部屋が狭く見えますので、大き目の部屋に採用するようにしましょう。
小さな部屋に採用するとその部屋の小ささを強調してしまいます。

床より濃い色は使わない

床のフローリングの色と天井の色。
床より天井の色を濃い色にすると、部屋が暗い、狭いということを強く感じます。
できれば床のフローリングの色と同等か、それより薄い色の木を採用するといいと思います。
ただ、床と天井の色違いは難しいので、同じ色にしておくのが無難ではあります。

木質感アップにはあらわし梁もある

天井の羽目板による圧迫感が気になる場合は、あらわし梁にするという方法もあります。
梁の下に板を張らないというもの。
梁が見えた状態になるので、木質感は増します。
さらに、天井面を仕上げた場合、梁の下に天井ができたものが梁の上まで天井となるので、天井高さをあげたような効果もあります。
ただ、これにも欠点があって、天井を仕上げない分、2階の足音などが聞こえやすくなります。
これには、防音用にボードを入れたりと対策はありますが、天井を普通に仕上げるのには防音という意味ではかないません。
さらに、あらわし梁では、木が見える面積が違うので仕方ないのですが、羽目板に比べれば木質感は低いです。

天井に木の羽目板。
問題はいくつかありますが、効果も絶大です。
上手に採用することができれば、すごくいいアクセントになります。

ここからは完全に個人的な好みとなりますが、天井にはフローリングより主張が少ないスッキリしたものを採用したほうがいいと思います。
色もそうですが、木目もそう。
あまりに濃いものを採用すると、部屋の雰囲気が難しくなります。
また、色については家具の色なども考慮して考えてください。
上のほうにも書きましたが、床面よりも見える面積は広くなります。
家具との組み合わせにも注意が必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク