設備を変更して予算オーバー

ハウスメーカーや工務店には標準仕様というものがあります。
小さな工務店では設備の標準しようなんて、あってないようなもので、施主が悩みすぎないように一応ある、という程度ですが、ハウスメーカーではそういう訳にはいきません。
大手ハウスメーカーの標準仕様は、基本的にはかなりいい設備となっています。
必要十分なものです。
完全な標準ではちょっと物足りなかったり、もっといい設備をと思えば、さまざまなオプション仕様も用意されています。
ハウスメーカーのカタログなどにある範囲内で選ぶ分にはかなりお得な内容です。
でも、カタログを越えるような設備、例えば、特殊なメーカーの設備を入れるなどのことをやろうとすると驚くほど一気に費用は跳ね上がります。

大量仕入れ

ハウスメーカーの年間着工数は、すごい数です。
普通の一戸建てとすると、設備もそれぞれに1セット必要になる。
結果、大量に仕入れることになります。
そのため各設備メーカーに対して、かなり金額面で優遇されています。
特に大手メーカーの場合、近所のリフォーム屋さんなどに比べたらびっくりするような金額で仕入れています。
でも、それはあくまでハウスメーカーと設備メーカーが契約した範囲内においてです。
でも、それを越えてしまうとどうなるか?
当然ですが、大量仕入れ、というメリットはなくなることになる。
それは設備の値段が跳ね上がることを意味しています。
ハウスメーカーのカタログから外れるということは、そういうことです。

ハウスメーカーのオリジナルもある

ハウスメーカーが設備メーカーと契約して、オリジナル製品を標準としている場合が多いと思います。
設備メーカーがそのハウスメーカーのみに作って販売されている商品です。
これははっきり言ってかなりお得な仕様と金額になっています。
ほぼ同じ仕様でハウスメーカーのオリジナルと設備メーカーのものとを比較するとかなりの金額差となります。
ただ、お得ではあるのですが、まったく同じということでもない場合が多いです。
設備メーカーとしても、同じものをかなり安く販売してしまっては、自社製品が売れなくなってしまいます。
そういうわけにはいきませんので、少しだけ仕様を変えて、多少の差別化を図り安価に提供しています。
これは非常にコストパフォーマンスが高いので、特にこだわりがない場合はハウスメーカーオリジナルを選択したほうがお得になります。

仕事の流れとしても手間がかかる

大手になればなるほど仕事はシステム化されています。
システムの範囲内であれば、非常に効率化されており、コストダウンとなります。
でも、上記のような標準外のことを行う場合、システムにはない設備となってしまう。
これはハウスメーカー側としては非常に手間のかかることです。
設備の値段だけでなく、施工、仕入れなどの作業についても手間が掛かるということは、費用がかかるということです。
この点は、施工の手間なんてそれほど変わらないと考えてしまうかもしれませんが、実際には非常に厄介なのです。
いつものキッチンを施工するのと、いつもと違うキッチンを施工すること。
実施にかかる時間は間違いなくいつもと違うものを施工するほうが長くなります。
そして、施工だけではありません。
仕入れの注文時にもそれは言えます。
標準の物なら起きないような、手配漏れやミスがおきてしまうことがあるのです。
そういった面でも、標準外のものというのは割高に設定されています。
でも、理由をちょっと考えてみれば仕方のないことなのです。

こだわりの強い人はどうするか?

我が家はキッチンやお風呂にすごくこだわりました。
家は注文住宅にしてはごくごく一般的な普通の感じにしたので、設備はちょっとこだわってみようと後で決めました。
でも、そういった考え方の場合、ハウスメーカーを選ぶのはあまりよくなかったかもしれません。
ハウスメーカーの場合、営業さんにもよるのかもしれませんが、まず標準外を選ぶこと自体があまりおすすめできないというような感じでした。
しかも、金額はすごく上がる、と言われました。
営業さんが渋るのを振り切って、自分たちでショウルームへ行き、仕様を作ってもらいハウスメーカーにその変更見積もりをもらいました。

衝撃の金額でした。
キッチンなんて、2倍以上の金額。
まあ、標準では選べない高いと言われているメーカーにしましたし、グレードもかなり上のものを入れたので当たり前なのかもしれません。
ただ、暮らし始めて感じたことは、別に標準仕様+オプション程度でも十分だったかな?という気もしているのです。
そして、もう一つ考えるのが、もしかしたら工務店ならもう少し費用を抑えられたのかも、ということ。
我が家はハウスメーカーを決めてから、設備はいいものにしようと考えました。
契約したハウスメーカーで設備を標準外にすると想像以上の金額アップになるということを知らなかったのです。
もし初めから設備を決めていて、それも含めて金額を検討したなら、ハウスメーカーにはしなかったかもしれません。
そのほうが総額では安く建てることができたと思います。
家自体は気に入っているのですが、家づくりを振り返るとその点だけはいつまでも気になっています。

関連おすすめ記事



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする