契約までどれくらい考える?

0184

家を建てる。
一生に一度のことです。
どうしても気合を入れて考える。
まずは、展示場に行き、モデルハウスめぐり。
いろいろ見て回り、メーカーの絞り込み。
完成見学会や工場見学などのイベントに参加、
2、3社まで絞り込んだら、次は、プラン、見積の依頼。
そして、やっとのことで出てきた見積は、たいていの場合、予算オーバー。
家を建てるのには、ほんとうにお金がかかります。
とにかく高い。
非常に高い。
さらに、見積・プランを出してもらうと、メーカーによっては
異常なほど、すぐに契約をお願いします、と迫ってくることもある。
こんな高いものなのに、そんなすぐに決断できません。
なので、そこからプランを見直したりして、予算の調整。
そして、値引き交渉。
そうこうしていると簡単に2、3ヶ月経ってしまう。
今年中に完成して、入居をと思っていたのに、
まだ契約にも至っていない状態です。

たくさんのモデルハウスを見て、しっかりと検討する。
間違いではなかったのですが、結果として、いろいろ見すぎたせいで、どんどん決断ができなくなってしまいました。
たいていの場合、ここはあのメーカーがよかった。
でも、この点ではこちらのメーカーというように、一長一短なことが多いです。
・・・まったく決められない。
そうなると初めは楽しかった、家作りも、徐々に苦痛になってきてしまいます。
そりゃあそうですよね。
モデルハウスを見たり、完成見学とかをしているうちはいいのですが、見積をもらい、交渉やら調整やらをしだすと、一気に大変になってきます。
また、予算か限られるというのが大きい。
要するにお金がからむ話はとにかくストレス。
最終的には、なんとかメーカーを決めました。

ですが、後になって考えてみると、結果論かもしれませんが、まだ楽しい段階で決断できていたら、と感じました。
最後のほうは、仕事中も家のことを思い出し、考えて悩んでしまっている状態。
しかも、いろいろ変更したり、金額調整したりしましたが、決めたプランは、ほぼ家作りが苦痛になる前のもの。
私が優柔不断であるのも原因ですが、最後のほうに悩んだり調整したりしたことは、ほとんど意味が無かったってことですね。

確かに高い買い物で、一生に一度のことでしょう。
それでも、ある程度の思い切りといいますか、大胆に決断することも大切かもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク