値引きは大きいけど・・・

0072
気に入ったハウスメーカー2社に見積をお願いしました。
A社は、2500万、B社は、2600万。
当然安いほうがいいのですが、
プランも多少違うため単純に金額の比較はできませんので、
選ぶことができません。
そこで、さらに交渉すると、
B社から、100万の値引きとキッチンのグレードアップを提案されました。
そして、A社はもう見積金額で限界ということでした。
そこで、がんばってくれたB社にお願いすることに決めました。

でも、後になって気がつきました。
A社、B社のプランをよくよく考えてみると双方ほとんど差が無いきがする。
そうなるとB社の最初の2600万ってちょっと高いような。
そもそも値引きができる前提の見積だったのではないだろうかと疑念が・・・。
逆にA社のほうは、最初から限界ぎりぎりを出してくれたのではないだろうか?
このように考えたら、なんだか契約を少し後悔してしまって・・・。
今は、もう完成してそれほど不満なく暮らしているのですが、
後になって気がついた教訓です。
値引きをしてもらったりすると、自分だけ得しているように感じてしまいますが、
値引きの大きさに惑わされずに比較しないといけません。
家なんてもともとの値段があって無いようなものですから。
あなたにだけ特別に、ではなく、全員に値引きしているかもしれませんしね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク