収納のつくりすぎ

部屋に物があふれているのはいやだったので、
収納をたくさん作ることにしました。
とにかくたくさんと、部屋の大きさを犠牲にしてでも増やしました。
収納率は、16%くらいありました
引越し後、とにかく収納に注意して考えた間取りなので、
いろいろとしまうことができ、非常に満足していたのですが、
一年半を過ぎたころ、その収納が徐々に余裕がなくなってきました。
結局、二年で一杯になってしまいました。
子供が増えたのもありますが、考え方を間違えたかもと思いました。

00700025

まず、収納を多くするよりも、アパートから引っ越すときに、
持っていくものを考えるべきでした。
引越し準備に時間が無かったのもあり、
基本的にほとんどのものを持って行きました。
新居でしまうときに捨てればいいと思っていたのですが、
収納の豊富さからすべてきれいにしまうことができたため、
捨てることをあまり考えませんでした。
そして、生活していると、どうしても物は増える一方。
結局、あれほど余裕のあった収納が一杯に。
収納を増やすより、収納する物を減らすほうが、
その分部屋も広くなってよかったと後になって思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク