住友林業

木質感

住友林業という名前だけにやはり木を推してます。
モデルハウスを見ても、木質感がやはりすごい。
非常にいい感じではありますが、このモデルハウスが問題です。
あれくらいの木の感じを出そうとすると、かなりの金額になります。
そうなんです。標準のまま建てると、普通の家が出来上がります。
住友林業らしさを出すにはオプションが必須。
これがちょっとつらいところです。

BF工法

CMでよく見る大きな集成材を使ったビックフレーム工法といわれるもの。
この工法の特徴は、軸組みや2x4と違い、大空間を作ることができる点です。
それを木造で実現というのがすごい。のですが、
そういうものをあえて木造で実現する必要があるのかがやや疑問です。
鉄骨で作ればいいのではないかという気もします。

きずれパネル

マルチバランス工法では、きずれパネルという、すのこのようなものを
壁に打ちつけ補強とします。
これで強度がかなり上がります。
ただ、別にダイライトなどの面材でもいいような・・・。

打ち合わせはSR

契約後の打ち合わせをショールームで行います。
確かにサンプルなどが展示してあり便利なのだと思いますが、
よく言われるのが、モデルルームは高価な設備などオプション満載なので、
そこでの打ち合わせはあまり・・・という話を聞いたことがあります。
他にもこういうメーカーはありますので、それほど特別ではないかもしれません。

見積にお金が

プランと見積ってたいてい無料でいただけます。
ただ、住友林業は違う。
まず申し込み精度といって、5万円ほど払ってからの話となります。
これはびっくりしますね。
でも、実際図面やら地盤調査やらに人が動けば、
費用がかかるのでその請求は正しいものです。
他のメーカーの契約にいたらなかった方のそういった費用は、
結局別の契約者が負担しているわけですから。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク