住宅ローンいくらまで?

0167

住宅ローンっていくらまで借りていいのか?
これは家を建てる人にとってすごく気になることです。
ハウスメーカーなどは予算を伝えても、
年収などから推測し、もっと高額なローンを組ませようとします。
私がハウスメーカーめぐりをしていたころ、
まあ、予算が少なかったので仕方ない面もあると思うのですが、
4メーカーに見積依頼して、3メーカーが予算の3割オーバー。
1メーカーが2割オーバー。
予算内に納める気なんてさらさらないようでした。
その結果、その後ローコスト系を見て周り、
最終的には工務店にお願いすることとなりました。

ただ、建てる前は不安で不安でしかたがなかったため、
ハウスメーカーの提示する金額のローンは無理だと断りましたが、
今よくよく考えてみると、別に無理でもなかったかなと思っています。
そう、ハウスメーカーもめちゃくちゃなことを言っているわけではありません。
よく年収の5倍が限度なんていわれますが、年収の7倍までならたぶん何とかなります。
このあたりは本当に考え方の違いで、
大満足の家を建てて暮らすなら、楽しく節約生活できるような気がしませんか?
家よりもそのほかの趣味などにお金をかけたい人と、
特にこれといって趣味などはなく、
とにかく快適に気持ちよく暮らせる家のためにお金をかけたい人。
どちらも正解だと思います。
なので限界は人それぞれだと思うのです。
ご主人の年収400万の方が、2700万のローン。
フラット35の金利にもよりますが、2.3%くらいだとして、
ボーナス払いはなしだと、35年固定で月々約93000円。
・・・それほど危険でどうにもならない返済額ではないですよね。
でも、失業とかしたら、とか、固定資産税、修繕費なども積み立てて・・・などと
いろいろ借りる前は不安になりますが、
これくらいなら、もし失業したとしても共働きならそれほど無理なく返せます。
失業なんてものはその心配が、実際降りかかってきてから考えましょう。
そんな心配をしているよりは、一生懸命働いて収入を増やすなりするよう努力する。
このほうが健全で幸せに暮らせるのではないかと私は思います。
それでも、心配だということなら、もう頭金をできるだけ貯めるしかありません。
でも、今現在の金利を考えると、頭金を貯めるため、
時期を遅らせることが必ずしも得だろうか?とも思います。

0106

ここまでいろいろ書きましたが、
言いたいことはそれほどややこしいことではありません。
ハウスメーカーがOKというなら、たいていはそれほど無謀なローンではないということです。
特に大手ハウスメーカーは、無謀なローンは組ませないと思います。
どちらかというとローンを組む側はどうしても臆病になり、
そんなローンは無理だと思いがちですが、
冷静に月々の支払いなどを考えてみれば無理でもないことが多いと思います。
よく最後の最後に予算内にするため、無理に減額をしている方などのブログを見かけますが、
少しくらいなら予算オーバーでもそのまま建てたほうが後々後悔も少ないと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク