浴室のドア

お風呂には、それほどこだわりはなかったので、
予算の都合もあり、あまりオプションをつけませんでした。
ただ、浴槽だけはグレードアップ。
それ以外は標準です。
でも、お風呂の扉は変更すべきでした。

0218

お風呂の扉は、標準だと折れ戸。
それまで住んでいたマンションは開き戸。
私の実家も開き戸だったため、
折れ戸というもののデメリットに気がついていませんでした。

部屋のクローゼットの扉にはよく折れ戸が付いています。
ああ、あの扉かと思ったくらいで、何も考えていませんでした。
説明を受けても、たしかビジネスホテルとかもそんな感じだった。
別によくも悪くも印象なし。
むしろ、開け閉めのときの出っ張りが小さいから、
折れ戸のがいいと考えていました。

使い始めは、想像したとおりで、何の問題もありません。
でも、しばらく使っていると、折れ戸は真ん中で折れ曲がるために継ぎ目が多い。
どうしてもそういう継ぎ目のカビや汚れが掃除しにくい。
そして、開け閉めの操作も微妙。
開き戸と比較して微妙にやりにくいような・・・。
さらに、使えば使うほどどんどんやりにくくなり、
だんだん引っかかりのようなものを感じるようになりました。

扉の変更は、結構オプションとして高かったため、
変更なんて微塵も考えもしませんでしたが、変更すべきでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク