エアコンはどこにつける?

0187

何度も修正して、やっと間取りが完成しました。
窓の位置なども完璧。
変更しても、これ以上よくはならないだろうと思ったくらいです。
ただ、あまりしっかりとは考えていないことがありました。
家が完成し、生活し始めると、エアコンの位置が気になり始めました。

夏場にエアコンを当然のようにつけますが、どうもエアコンの効きがあまりよくありません。
そして、効かない理由を考えていて気がついたのが、エアコンの向き。
長い部屋にはその長い方向に風が流れるような向きに、エアコンを設置したほうがいいようです。
でも、我が家の場合、そこにはエアコンの設置できるスペースがありません。

さらに他にもエアコンを設置するうえで問題がありました。
すべての部屋で部屋の端にしか付けれないような間取でした。
小さな部屋はそれでもかまいませんが、LDKなどの大きなスペースになると、エアコンを部屋の中央に配置しないと、いくら最新のエアコンが高性能だとしても、部屋の端のほうはなかなか効きません。
エアコンの電源を入れて時間がたてば、どこでも温度が変わりなく快適になるのですが、帰宅して、エアコンの電源をON。
こういうときにエアコンのある場所と部屋の反対の端がなかなか冷えないし、温まらない。
この事例の我が家の一番の代表的な場所は、キッチン。
キッチンは作業スペース、シンク、コンロとたいていの場合、細長い形が多いと思いますがエアコンの位置には気を付けたほうがいいと思います。

もう一カ所大失敗したと思うのが、寝室です。
寝室のベッドの位置がわかっているなら、エアコンは足元側につけるべきです。
こうすればエアコンをつけっぱなしにして寝ても、風が顔に直接当たることはないので比較的快適に過ごせます。
我が家では、エアコンの風が見事に顔に当たる位置。
ちょっと強くつけて寝てしまった場合、翌朝のどがからから。
ひどい場合のどが痛くなることは避けられません。

間取りを考える時点で、エアコンについても考えておくべきでした。
エアコンの位置は、室外機もあるため、窓の位置にも関係してきます。
ある程度間取りが定まってからだと、他のこともまた考え直さなければならなくなるので、早めに検討しておくべきだと思います。

室外機に関しては、本来は直接太陽の光が当たる位置においてしまうと冷房に関しては非常に効率が悪くなります。
南側は避けるべき方角となります。
でも、北面には部屋がない場合が多いと思います。
そうなると東か西となります。
もし東と西で選ぶならどちらがいいか?
おすすめは東です。
気温が最も高くなるのは2時頃だと思います。
その時に日の光が室外機にあたってしまっていては非常に効率が悪い。
東側なら午後には家の陰になっているはずです。
それほどこだわる必要はありませんが、どちらにも置けるとなったときには考えてみてください。

関連おすすめ記事



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする