壁不足

LDK一体。
新しい家はほとんどがこうなっている。
もはや標準です。
分かれているより広く感じますし、
どこにいても家族が見えていい感じではあります。

間取りを検討したとき、我が家も当然そうなりました。
でも、更なる開放感を求めて、吹き抜けをと思いましたが、
予算と2階の部屋数のため断念。
それならとリビング、ダイニング、そして、和室を一体に。
さらに、それぞれの部屋に、できる限り大きな窓をつけました。
リビングには一番長い時間いると思うし、
広いリビングにあこがれもあり、リビング+和室で大空間としたくて、
このようにしたのですが、ちょっと後悔しています。

0032

理由は、壁。
壁が足りません。
壁なんているの?私もそう思っていました。
でも、壁ってないと困ります。
壁がないと物を置く場所がないんです。
まず、テレビ。
今のサイズが37インチなのですが、これ以上大きくしたくても置く場所ありません。
そして、収納。
収納も壁があって初めて作れるもの。壁がないと収納も必然的に少なくなります。
収納家具を置こうにも壁が少なすぎていい置き場が無い。
一番端がキッチンと和室ですが、
キッチンにはカップボードがあり場所は無い。
和室は、床の間になっているため場所が無い。
そして、和室は当然たたみなので家具とかをあまり置きたくない。

でも、希望していた開放感と大空間は実現できたのでは?と思うかもしれませんが、
家族3人にそんなに大きなスペースって必要なかったような・・・。
少なくとも和室は今のところ、ほとんど活躍していません。
そして、収納がないため行き場をなくした物たちが、
あふれだしています。
結局、実際に暮らす上で使っている広さはそんなに広くはない。
リビングにいる時間は長いですが、程よい広さで十分でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク