間接照明必要ですか?

家作りの本や雑誌などを見ると、
おしゃれな家がたくさん出ていて、
すごくかっこいい間接照明などがたくさん付けられています。
リビングを折り上げ天井にして間接照明なんて、
かっこいいですよね。
なので、少々贅沢ですが、それをやってみました。
出来上がりは最高。
リビングの照明を調光式にしたので、
少し暗めにして、折り上げの間接照明を点灯すると非常にいい感じです。
完璧な形で完成したのですが・・・。

0227

点灯する回数は、住み始めた当初は良くつけていました。
でも、一通り友人たちが遊びに来た後は、いつ点けただろう?
この照明をつける回数は急減し、
もしかするともう3ヶ月くらいは点けてないかも。
結局、普段の生活ではもちろんですが、
来客があった時でも、ほぼつけない。
理由は簡単です。
つける意味が無いから。
考えてみれば友人が遊びにきた時も、
一度調光を暗くして、間接照明をつけて見せるのですが、
それでは暗いので、すぐに調光を明るくして普通の状態に。
しばらくするとほとんど間接照明が意味が無いため、
電気代が気になり消していました。

間接照明って結局見た目だけのものですよね。
その取付け場所を造作したり、間接照明には非常にコストがかかります。
その割りに使用頻度は低く。
どちらかというと必要ない設備になりがちなんじゃないでしょうか?
かなりの予算が投入されているはずなので、本当にもったいない。

たとえば、海外では日本より部屋の照明自体が暗めなので、
普段も付けさえすれば効果があるのですが、
日本の照明は普段から非常に明るいため、照明を調光せずにつけても効果半減です。
そもそも電気代が無駄な気がしてなかなかつける気になれません。
お店でもない限りは、間接照明など必要なく、
やはり普通の照明だけでも十分だということに気がつきました。

関連おすすめ記事



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする