照明のLED化

最近LEDの照明器具も安くなりました。
これなら我が家でも問題ない。
家中ほぼすべての照明をLEDにしました。
これで電球が切れて、交換のため、
電球探して、脚立を持ってきてなどと、
ばたばたする事もなくなります。

0283

たしかに交換はしていません、
でも少しだけ不満もあります。
LEDの光と蛍光灯の光と電球の光。
それぞれを比較したことありますか?
私は比較してLEDに決めたのですが、
やはりショウルームで見たくらいでは比較が甘かったかも。

生活の中の明かりとしては、LEDは明るすぎます。
表現が難しいのですが、簡単に言うとすごくまぶしいと感じます。
ビカッて光る感じです。
やはり電球とは違います。
LEDの光を見てから電球を見ると、とてもやさしい光に感じます。
蛍光灯も電球とは違いますが、こちらにはもうすっかり慣れているのと、
やはりLEDほどの光の強さが無いと感じています。
そして、この特徴のため、リビングなどには不向きかも。
天井を見上げると本当にまぶしくて・・・。

せめて調光できるタイプにしておくべきでしたが、
コストダウンのため調光できないタイプを選んでました。
一度気になりだしたら、もう我慢できなくなってしまったため、
結局リビングと寝室の一部を普通の電球タイプに交換しました。
電球交換から開放されたはずが、
いきなり器具ごと交換することとなってしまいました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク