照明に手が届かない

階段の照明をどういうのにしようか、かなり考えました。
ブラケットなども検討しましたが、
最終的にはペンダントライトを採用しました。
実際に付けてみると、かなりいい感じで、満足していたのですが・・・。

電球交換の時に大問題に。
どうやって交換したらいいのでしょうか?
まずそのままでは手が届きません。
脚立を使いたくても階段でうまく置けません。
電球交換のたびに工務店や電気屋さんにお願いするのもばかばかしい。
どうしようかいろいろ考えた末、脚の長さを変えられる、
階段で使いやすい脚立というものがあったので、それを購入。
とりあえずは何とかなりました。
ただ、この脚立どうも不安定で心配。
ちょっと安物を買いすぎました。
でも、階段の電球交換用の専用脚立にお金を掛ける気になれず・・・。
めったに活躍することの無い脚立はとにかく邪魔です。

0296

一応、電球交換が面倒なため、雰囲気を犠牲にしても、
電球よりは切れにくい蛍光灯電球に変えました。
それも、まったく切れないわけではありません。
いずれは切れます。
次は、LED電球とかにしたら交換不要かと思っていたのですが、
LEDも中の基盤が壊れたりするようで、一切交換不要というわけではないとのこと。
見た目と便利さはなかなか両立できませんね。
階段の照明は、高さをよく検討したほうがいいと思います。

関連おすすめ記事



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする