外壁総タイル張り

外壁のメンテナンスは10年ごとに結構な費用がかかる。
でも、これがタイル張りならばメンテナンス不要です。
このようにハウスメーカーの営業さんは言います。
それならばと結構なコストが掛かりましたが、タイルを採用。
外壁をすべてタイル張り。
でも、予算があまり無かったので安いタイルを選んだためか、
最近のサイディングと比べると、見た目はむしろいまいちかも・・・。
それでも、サイディングと比べてシーリングの目地が無いので、
メンテナンス費は不要です。

0295

ただ、サイディングの家に住んでいる友人から、
見た目や目地のシーリングが悪くなるだけでメンテナンスなんて
それほど必要ないらしいということを聞きました。
その友人の知り合いがサイディングの工事をやっているみたいなのですが、
その人から聞いた話では、基本的にシーリングが悪くなっても、
別に雨漏りするわけではない。
見た目の問題がほとんどだということ。
シーリングの悪くなったところに、高圧洗浄機で水をかけたりすれば、
多少中に入るだろうが、雨水が入ることはほとんどない。
台風の時などに、少しくらいは中に入りそうだが、
その下には防水シートがあるため、断熱や家の中にはしみこまない。
そもそもサイディングの張替えをやる家の数が少ないためなんともいえないが、
正直言って見た目以外、サイディングはもちろん、
家自体やその下地が悪くなっているものは、経験上見たこと無いそうです。
サイディングって思ったより耐久性があるんですね。
これがほんとうならタイルのメリットは見た目くらいかな。

それから、タイルでも外壁まわりのメンテナンスがまったくないわけではない。
たしかにタイル自体はほぼメンテ不要。
ほとんど劣化もしませんが、
基本的にサッシ周りなどのメンテナンスは必要とのこと。
・・・これなら我が家はサイディングで十分だったかも。
サイディングの見た目が嫌いでないなら、
年数を経ても見た目があまり変わらないという以外、
あえてタイルにする意味はないのかも。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク