そのこだわりは?

0277

ハウスメーカーにいっていろいろ説明を受けると、
木造は、シロアリが危ない。
鉄骨は、錆びる。
などなど、各社ライバルのデメリットを教えてくれます。
我が家は予算から当然木造。
でも、やはり鉄骨メーカーが言うように、シロアリが心配です。
なので、できる限りシロアリ対策にこだわって、
その対策が万全のところを選びました。

家は完成。
シロアリ被害にはあわないはずです。
でも、シロアリ対策って生活するうえでは、
なんのメリットもありませんね。
そこに重点を置いていただけにちょっと残念。
そして、ネットなどで調べてみると、
今の家ならばそう簡単にはシロアリ被害は無いのでは、
と思うようになりました。

まず、基礎パッキン。
これは基礎の上にパッキンを置いて、床下の換気をよくするもの。
まずこれだけで、だいぶ通風が違うのでシロアリが少ない気がする。
そして、ベタ基礎。
最近は、結構多くの家がベタ基礎だと思いますが、
ベタ基礎だとそもそも床下に土が無い。
ありが出てくる隙間なんてないです。
将来的には基礎に亀裂が入るなんてこともあるのかもしれません。
それでも我が家の基礎を作る時を想像すると、
わざわざ基礎の隙間からアリが出てきて木を食べるより、
もっと普通にある木を食べると思う。
絶対にないとは言い切れませんが、普通に考えれば確率は低そう。

家の周りはどうかと考えると、
今の家って基礎が比較的高いですよね。
この時点でだいぶシロアリはこないのでは?
家の周囲に薪などでも積んでおかない限り、
まず問題なさそうです。
この意見が正しいかはわかりませんが、
シロアリ対策は今ではそこまで考えなくてもいいことかも。
なんかこだわらなくてもいいところに、
予算を配分してしまったと感じています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク