建売住宅のすすめ

0267

土地を探して注文住宅?

家が欲しい。せっかくなので、土地を探して注文住宅を。
こんな風に考えて、土地を探している方も多いと思います。
でも、なぜ注文住宅にこだわるのでしょう?
住宅展示場などのモデルハウスを見ると、確かに注文住宅はいい。
でも、実際に建てる家はモデルハウスとは違います。
展示場のモデルハウス。
メーカーの営業の方に聞くと1億円くらいはかかっているそうです。
でも、普通の人が建てる家は、かなり費用をかける方でも4000万円くらい。
一般的には、大手メーカーで、2500~3000万程度ではないでしょうか?
モデルハウスのような家は建てられるはずもありません。
そして、実際に建てる家は、予算に限りがありますので、
見た目は、建売住宅と変わらない家になっていることもあります。
次に建売住宅と注文住宅を比較してみます。

購入に一番大事な価格

まず建売住宅の一番の長所といえるものが価格です。
これは間違いなく注文住宅に比べ、建売が安い。
田舎のほうだと、土地が安いため、土地を持っていて、
そこに注文住宅を建てるより、近くの建売のほうが安いことさえあります。
それくらい建売は安いです。
コストダウンされているとも言えますが・・・。
ただ安い材料を使っているからというわけではありません。
注文住宅の場合、施主の希望にあわせ設計する必要があります。
ここでかかる設計費もばかになりません。
さらに、分譲地の建売では、一度に何軒も工事します。
移動や材料の大量発注などにより、これも当然コストダウンになります。
価格は、建売のが安い。
さらに建売の価格面の長所として、費用がわかりやすいということがあります。
注文住宅では、家を建てる以外にも細かい費用がいろいろと発生します。
外構、上下水道、ガスなどの各種申請費用など、項目が多数あり、非常にわかりにくい。
ハウスメーカー側の説明不足などにより、資金が足りなくなるなんてこともおこりえます。
こういったことはほとんどの費用が含まれている建売では起こりにくいです。
また、注文住宅では地盤調査を行い、地盤補強が必要になることもあります。
この費用は、調べてみないとわからないため、基本的には契約時にはわからない費用です。
対して、建売はそういったことは地盤調査、地盤補強も実施されて建てられているため、地盤による費用アップの心配は皆無です。
あとは、家を取得後、資産として考えた場合はどうでしょうか?
この点については、どちらもほぼ変わりません。
基本的に一戸建ての場合、あっという間に資産価値は0となります。
ということは、取得価格の安い建売のほうがいいとも言えます。

間取りの比較

次は間取りを比べてみると、これは自由に作れる注文住宅のほうが上。
でも、建売が悪いというわけではありません。
建売住宅の間取りは、夫婦と子供2人くらいの家族を想定して作られています。
しかも、どんな人が住むかわからないため、ごくごく一般的な間取り。
これは仕方がありません。
でも、考えようによっては住んでみたら注文住宅よりいい面もあります。
注文住宅では、自由にできる分、個性的な間取りになりがちです。
でも、それは生活スタイルが変わったとき、使いづらい間取りかもしれません。
対して、建売住宅は、だれでもある程度満足できるような間取りです。
多少の変化は気になりません。
間取りについては自由になる注文住宅のほうがいいというのは間違いありませんが、だからといってすべて自由というわけではありません。
注文住宅にも、強度や工法によりある程度できる、できないが出てきます。
その点は、注意が必要です。

室内や外観のデザインは?

部屋の壁紙や床などは、どうしても自由に決められる注文住宅がいい。
これは質が高い低いというよりは、自由に選べることにより、
自分好みにでき満足度が高くなるためです。
でも、建売も昔とは違います。驚くほどおしゃれな建売もあります。
根気よく探すと好みの建売が見つかるかもしれません。
ただ、一般的にはごくごく普通の内装の家が多いのも事実です。

建売のメリット

注文住宅との比較すると、建売のメリットは価格だけと思いがちですが、
そんなことはありません。
他にも建売のメリットはたくさんあります。
まずは、家の現物を見て決められること。
これは注文住宅では、絶対にできません。
物を見て決める。他の商品では、普通のことですが、注文住宅では無理。
例えば車なども実際に見て決めますよね。
家だって実物を見て決めたほうがいいのは当たり前です。
そこでの生活もイメージしやすいですし、
家具・家電などもきちんと採寸してから購入できます。
注文住宅で新たに購入した家具や家電が入らなくて非常に困った、
というのは、よく聞く話です。
さらに、設備などを変更できないということがメリットと捕らえることもできます。
設備を自由に変更する。
注文住宅ではキッチンなどを自由に変更します。
でも、それは間違いなく価格アップの方向になります。
仕方ないことなのですが、もしキッチンはこれから変更できないという場合、実際には設備に不満のあることはほとんどありません。
キッチン、浴室、洗面台、トイレと建売だって十分なものが付けられています。
ショウルームにいってもっといいものを見てしまえば、当然そちらがいいって思い、そちらに変更したくなるのですが、建売に付けられている設備だけを見たのなら、特別に変更したいようなところは実際あまり無いと思います。
これが変更できないメリットです。
無駄なコストアップを避けることができます。

建売のデメリット

上に書いていない建売のデメリットとしては、
建築途中を見ていないので心配。
メンテナンスやリフォームの心配などがあります。
この2点については、高額な買い物を決断することへの迷いだと思います。
建築途中については、注文住宅だからといっていつも見ていられるわけではありません。
結局は、その業者を信頼するしかない。建売住宅と変わりませんし、
自動車だって作っている途中は見ていませんが、命を預けています。
ようは業者や会社への信頼だけです。
メンテナンス、リフォームについては、確かに、難しい面があります。
でも、室内を子供が傷つけるなど見た目が損なうことはありますが、
大掛かりなメンテナンスが必要になることはそれほどありません。
また、リフォームにいたっては、一体何年後のことでしょう?
そもそも、そんな先のことを気にする必要があるのでしょうか?
どういうリフォームをしたいかにもよりますが、
建売住宅でも、購入の際にもらった図面や申請書類があれば、
たいていのリフォームは可能です。

建売購入の注意点

建売購入の際に、気をつけたほうがいい点としては、
まずは、土地。
とにかく建物より土地を優先したほうがいいでしょう。
もし気に入ったところに、いまいちと思う家と、
いまいちなところに気に入った家がある場合を比べるなら、
絶対に土地が気に入ったほうをおすすめします。
いい家は結構簡単に出てきますが、いい土地はなかなか出てきません。
また、もし売却するという時にも、マンションのようにはいきませんが、
土地がよければ比較的簡単に売却可能。
さらに、土地がらみで分譲地について。
分譲地は、子育て世代が大半を占めます。
さらに、家の購入価格から、経済状況が似通った家庭が多いでしょう。
そういった意味では、同じような価値観をもっている家族が多いため、
比較的近所付合いがしやすいかもしれません。
ただ、地盤には要注意。
埋め立てたり、山を切り開いたりした分譲地では、
地盤については十分注意する必要があります。

注文住宅か建売住宅か、結局どちら?

どちらがいいとは一概にはいえませんが、
一つ言える事は、建売だからだめ、ということはありません。
注文住宅をメインで検討していても、希望のエリアに建売物件が出ていたなら、
見学に行って検討してみたほうがいいでしょう。
注文住宅の場合、ハウスメーカーや自分で土地を探しますが、
なかなか出てこないこともあります。
特に、まだ土地も決まっていないのに、ハウスメーカーと契約なんてことは暴挙です。
おそらく土地が見つからない場合は、解約はできると思います。
でも、その労力はかなりのものとなりますので、十分注意して下さい。
結論としては、注文住宅だろうが建売住宅だろうが、
希望のエリアを最優先にしましょう。
住みやすい家よりも、住みやすい場所のほうが、より大切だと思います。
そもそも建売住宅は、万人に住みやすいように作られています。
建売だから住みにくい家というわけではありません。
なので、土地からお探しの方には、基本的に建売住宅のほうがおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク