第三者監理って要る?要らない?

0083

家づくりは不安がいっぱい

家を建てるとき、特に注文住宅では何もない状態で、
何千万という契約を結ぶことになります。
これが自動車ならカタログなどから仕様を比較、
さらに試乗もしてしっかりとチェックできます。
また、家を買うにしても、建売ならばまだ見ることはできます。
でも、これが注文住宅の場合、そもそも家がまだ存在していない。
当然チェックのしようにもまったくできないためとても不安になります。
その不安から安心料として高いお金を払ってでも、
大手のハウスメーカーを選ぶ人がたくさんいるとも言えます。
でも、多くの方が大手に頼むには予算が・・・。
そこでローコストメーカーや工務店を探して、
何とか予算内に納めて、ここだって思うところにお願いします。
でも、どうにも不安で心配。
そういう方のために『第三者監理』というものがあります。

第三者監理とは?

施主は多くの場合、初めて家を建てると思います。
いわゆるど素人。
なにか不安な施工を見て、現場の人に聞いても、
こういうものですって言われてしまえば、
そういうものか、と納得するしか有りません。
それでもどうにも不安なので、後でネットで調べてみたら、
あまりその施工はよくないことがわかったりすることも・・・。
こういうことは今のネットの情報量を考えると、よくあることと思います。
そういうのを防ぐために第三者監理をお願いするという方法があります。
ハウスメーカーとは関係ない家のプロに施工をチェックしてもらうというものです。
建築士の第三者がチェックするなら安心。
これが第三者監理のメリットです。
デメリットとしては、当然ですが費用は別にかかります。

本当に必要?

個人的な意見ですが、私は第三者監理について、やや否定的な考えを持っています。
まず第一に、コストがもったいないということです。
安心を得るためとはいえ、本当はメーカーや工務店の現場監督がやる仕事。
それを信用ができないからと再チェックさせていることになります。
では、契約したメーカーや工務店の現場監督が信用できなかったのに、
どうして第三者の建築士を信用してしまうのか?
実際に施工している人と利害関係がないから信用できる。
このように考えると、なんとなくいいシステムに感じます。
でも、実際に施工している人に、あなたの仕事は信頼できない、
と伝えることについてはどう感じますか?
言う側も言われる側も、あまり気持ちのいいものではありませんよね。
だって、あなた信用できませんって伝えていることになりますから。
とはいえ、施工する職人もプロですから、
どのように思われようとも、手を抜くことはありません。
でも、たまに差し入れもくれて、話もしたりする施主と、
第三者監理を入れて、ほとんど見かけない施主。
どちらの仕事を一生懸命やりたくなるでしょう?
前者のような施主に対しては、ちょっと手間だけどこうしたほうが便利かなとか、
いい家にするためにサービスしたくなるものです。
後者の施主の家にたいしても手抜きするわけではないですよ。
でも、仕様どおりに作れば十分かなって思ってしまう。

家を建てるのは非常に大きな金額のため、仕方ない面があるにせよ、
お互いが気持ちよく家を建てたい。
それがいい家を建てることにつながるのではないかとも思います。
プロですから実際に仕事に手を抜くことはありません。
とはいえ人間ですから、どうしても心理的なものが影響することも
あるかもしれませんから。
第三者監理に費用をついやすくらいならば、
その費用で設備でもグレードアップしたほうがいいと思います。

選び方が問題かも

第三者監理を入れようと思う場合は、
そもそもハウスメーカー・工務店選びに問題がある気がします。
第三者にチェックしてもらわなければ信頼が置けない会社と
一千万を越えるような金額の契約を結んでしまっているわけですから。
コストを優先しすぎたため、
ハウスメーカーや工務店を選ぶ余裕が無いことはよくあります。
それでも何度も現場見学会や完成見学会に行くなどして、
信頼できるか、任せていいのかを確認して下さい。
見学会などは何回行っても行き過ぎるということは無いと思います。
まず、そういう現場で気になることがあるようなところに頼むのはやめましょう。
見学会などは、そのメーカーのベストの状態です。
それなのに現場がかなり汚かったりというのは、普段はもっとということですから。
かなりチェックして、メーカーや工務店を決め契約し、
実際の工事が始まったら、できるだけ鷹揚に見るようにしましょう。

たとえば、飲食店。
実際に働いた方は、わかると思いますが、結構いい加減ですよね。
バイトで一度中を見てしまうと、まかないならともかく、
お金を払って食べるのはちょっと・・・と思ってしまうこともあります。
でも、提供される料理は、見た目も味もちゃんとしています。
製造過程ではどうしてもいい加減に見えるものなんです。
仕様の間違いなどはすぐに伝えたほうがいいですが、
何十年も住む家だからそんないい加減ではと思うかもしれませんが、
最終的に完成したものがきちんとしているならば、
多少のことは目をつむりましょう。
そして、あなたがいろいろ検討して選んだメーカー・工務店ですから、
信頼してお任せするのがよいのではないかと思います。
ただ、その選ぶ段階でミスをした場合、
第三者監理は必要となってしまうかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク