カードの作りすぎ

クレジットカードって便利。
以前はカード嫌いでまったく使っていなかったのですが、
手持ちのお金を気にしなくていいし、
残高がないわけではありませんが、支払いは先延ばしできますし、
だからといって手数料がかかるわけでもない。
まったくデメリットがありません。
たまに、家電量販店などでは、
カード払いだとポイントが付かないとかありますが、
カード自体のポイントがありますので、
それほどデメリットは感じません。
いいこと尽くしです。

なので、ポイントの高いカードや、
良くいくお店のカードなど進められるままにカードを作り、
たくさんクレジットカードを持っていました。
携帯を購入する時などにもカードを作ると安く購入できたりと、
ほとんど使わないカードまで作ってます。
カードが多くても特に問題ないと思っていたのですが・・・。

0255

家を購入するときに、住宅ローンの審査がありますが、
なんとそこで満額借りることができないという結果がきました。
カードの支払いが滞るようなことも一度も無かったし、
そのほかの支払いについても、問題は無かったはず。
しかも、借りたいお金から、減額ということは、
年収が足りないということでしょうか?
でも、ネットなどで調べてみると、年収は問題なさそう。
しかし、一つ気になる情報を見つけました。
それはクレジットカードのキャッシング枠。

クレジットカードには、まずすべてにキャッシング枠があります。
カードでお金を借りることができるのです。
このキャッシング枠が問題だったかも。
住宅ローンの審査のとき、
その人に貸せる額を審査すると思うのですが、
その貸せる上限金額から、
キャッシングできる金額を減額するようです。
たとえ、一度も使って無くても、いつでも借金のできる金額として、
その金額の何割かをマイナスするようです。
あまり詳しくないためネットで調べた情報なのですが、
もしこれが本当なら減額も当然。

クレジットカード1枚では、50万とか100万ですが、
私は、10枚近いカードを持っている。
・・・すごい減額になっているのかも。
結局家の購入はいったん保留。
立ち消えとなってしまいました。
もし、これが原因ならば、無料だからと、
無駄にクレジットカードを作ってはいけませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク