一条工務店を止めた理由

家は性能。

一条工務店のコンセプトです。

強度があって、大きな地震があっても倒壊しないのは当然、それに加えて耐久性もあり、家が長持ち、さらに、省エネで快適に暮らすことができる。

一条工務店は、上にあげたような家の性能に非常にこだわっています。

住宅展示場で一条工務店のモデルハウスに入って話を聞くと、家の性能について話をしてくれて、なかなか面白くて説得力もある。

数字を絡めて説明してくれるため、理系の私などは妙に納得させられた記憶があります。

説明に納得はしましたが、結局、私は一条工務店では家を建てませんでした。

その理由について書きますが、私が、このように考えて一条工務店で家を建てるのを止めた、というあくまで個人的な意見と例ですので、参考程度と考えてください。

予算が足りなかった

一条工務店という名前からハウスメーカーについてあまり詳しくない方にとっては、小さな工務店?と思ってしまう方もいるかもしれません。

実際は、工務店、と名前に入ってはいますが、超大手のハウスメーカーと言って間違いありません。

一条工務店についてよく言われるのが、太陽光パネルを大きく載せて、全館床暖房、外壁総タイル張り、これらの設備が付いている割には、安いというもの。

たしかに、他のメーカーで同じく太陽光や床暖房、外壁タイルをつけて家を建てるよりは、一条工務店ならかなり安いと思います。

そもそも全館床暖房なんて他のハウスメーカーでは対応できない場合もあります。

一条工務店ならトイレにも床暖房が付いています。

このあたりの仕様はすごいの一言。

ただし、あくまで上にあげたような設備をすべて付けた場合に安いということ。

一部の設備が不要な方の場合はというと、あながち一条工務店が安いとは言えなくなってきます。

一条工務店の場合、これらの設備が標準仕様であったり、準標準仕様のような形で簡単に選択して組み入れられるようになっています。

でも、これらの設備を止めたからと言って、すごく安くなるわけではないのです。

推測になってしまいますが、理由はこれらの設備をシステムに組み込むことによって、結果として多くの方が採用する、そのため量産効果により安く提供できる。

ただ、はじめにシステムに組み込むために初期投資が必要となるので、家の値段にそのシステム費用が加算されていることになり、家自体については割高になってしまうのではないでしょうか?

システムって何?と思うかもしれませんが、一条工務店と契約して間取を修正していると、ルール上できない、というようなことが起こります。

本来家にルールなどないのですが、これが上にあげたようなシステムです。

はじめから太陽光や全館床暖房やタイル張りを簡単に実現できるようにシステム化して設計、生産を行っているのです。

ちょっと話が横道にそれましたが、一条工務店では高価な設備をすべて付けた仕様での比較ならかなり優位となる価格設定になっていますが、それらの一部が不要な場合、他社メーカーに対する優位性は揺らいできます。

私の場合、個人的に床暖房と太陽光についてはあまり必要性を感じませんでした。

家を建てる場所が、そもそもあまり寒くない地域というのもありますし、暑いのは苦手ですが、寒いのはそれほど苦手でもなかったこと。

それに加えて、こどもの教育上も、夏は夏らしく、冬は冬らしい生活、季節を感じて暮らしたほうがいいのではないか?全館床暖房などの家の中を快適にする設備は無くていいかも?と考えていたというのも大きな要因でした。

それまでハウスメーカーをいくつか見ていた中でも、一条工務店は結構気に入っていましたので、それらの設備を外したプランと見積も出していただきました。

大きな設備を外すのだから、当然かなりお安くなるかと思いきや、予想を超えて期待外れでした。

当然、多少安くはなりますが、他社と比較した場合は金額差がなくなってしまい、まったく安くなくなってしまうということがわかりました。

もともと予算がハウスメーカーで建てるにはやや乏しい金額だったこともあり、いずれにせよ大予算オーバーで断念することになりました。

床暖房や太陽光を必須と考えている方にとっては、それらを割安に手に入れることができます。

これが一条工務店の最大のメリットといえるのかもしれません。

なんとなく感じる圧迫感

はじめて一条工務店のモデルハウスに行ったのは、たしかi-cubeでした。

その後、i-smartも見ました。

はじめのうちは特に何も感じませんでした。

でも、そのうちなんとなく窮屈な感じというか、圧迫感を感じるようになりました。

理由は、天井高さ。

1階の天井高さって、他のメーカーのモデルハウスは結構高いところが多いです。

でも、i-cubeもi-smartも2400。
高くすることはできないということでした。(現在は、オプションで高くできるらしい)

そして、天井高さだけではなく、窓の小ささも気になってきました。

他のメーカーのモデルハウスでは窓を大きくして開放感を出そうとしています。

比較対象とするハウスメーカーではないかもしれませんが、特に鉄骨のハウスメーカーのモデルハウスでは、これでもかと大きな窓を採用しています。

対して、一条工務店のモデルハウスの窓ってなんか小さいような。

これも天井高さが低いため窓が小さいのだろうか?

たまたまそのモデルハウスがそうなっているだけかもしれませんが、どうも窮屈な感じがする。

住んでしまえば特に気にはならないのかもしれませんが、他社も見て比較検討しているときには気になりました。

一条工務店の施工にリビングの吹き抜けが多いのは、2x6の四角い家にする金額面のメリットと、この天井高さにも理由があるのかも。

高気密・高断熱だから吹き抜けにしても寒くない。

確かに、そのとおりなのですが、標準天井高さが低い。だからリビングを吹き抜けにする。

モデルハウスではこの手法が使われているのでは?と感じてしまいました。

外観デザインが気になった

i-smartって住宅展示場とかで見ると、そんなに悪くない、むしろ結構かっこいいと思うのですが、実際に住宅街に建っているのを見ると、少し戸惑ってしまいます。

どこからどう見てもi-smartってわかってしまうのです。

i-cubeも同じ。

本当にひと目見ただけでわかります。

なんとなくそれって嫌じゃないですか?

モデルハウスを見て、プランと見積を作ってもらう前に、完成見学会に行かせてもらいました。

その家はi-smartだったのですが、もうひと目でi-smartってわかりました。

家を真剣に検討して、結構長い間、住宅展示場に通った、というような方なら、他のハウスメーカーについても、ある程度は判別できるようになって来ると思います。

でも、一条工務店のこの2つのシリーズはあまりにもわかりやすすぎる。

ちょっと住宅展示場に行ったことがあって、一条工務店のモデルハウスを見たという程度の人でも、判別できてしまうと思う。

本当に言い過ぎとかでなく、一目で判別できてしまうのです。

まあ実際は、判別できたからと言って、特にデメリットもないのですが、友人に、これって一条工務店だよね?って聞かれるのって、それほど気持ちのいいものではないかもしれない、と個人的に思ってしまいました。

さらに、実際に建てたわけではないので、想像だけなのですが、近所に一条工務店の家があまりないならいいのですが、自分が一条で建てて住み始めてから、もし後から近くに同じシリーズの一条工務店の家を建てられたら・・・。

ハウスメーカー被り。

まあ、そこらじゅうで起こっていることなのですが、それもなんとなく嫌かもって思ってしまいました。

しかも、最近は本当に一条工務店の家が増えてきた。

ちょっと車で走るだけで何軒も見つかります。

実際に、一条工務店は注文住宅の年間受注件数でかなり上位のほうにいるようです。

私が調べた年は、2位でした。

そりゃあよく見るわけです。

まあ、一条工務店だけでなく、セキスイハイムだって見た目からほぼわかりますので、一条工務店に限った話ではないのですが、それでも、圧倒的に外観からわかりやすいのが一条工務店の家です。

室内も気になる

はじめは室内の雰囲気は、いい感じと思っていたのですが、なんとなくあまりに画一的といいますか、面白みがないような・・・。

きっと住んでしまえば関係ないし、悪いわけではないのです。

家の内装なんてどこのハウスメーカーだって同じと言えば、同じ。

それに契約もしていないので、色とかのチョイスで変わるのかも知れませんが、どうにも気になる。

これが工場で作るデメリットかもしれません。
セキスイハイムは見ていないのですが、セキスイハイムも同様なのだろうか?

工場で作ることのイメージとして、高品質で均一な品質というものがあると思いますが、どうしても見た目も均一な感じになるのかもしれませんね。

仮契約を結んでほしいというのが気にかかる

以前にこんなことを書きました。

とりあえず仮契約・・・は絶対にやめましょう

一条工務店でも、とりあえず仮契約を、とかなりお願いされます。

最終的に契約しなければ返金します、なんて言われたりもする。

その額、なんと100万円。

仮契約なんていうなんだかいい加減なものに100万円も必要と言われても、どうしても納得できません。

我が家は結局払いませんでした。

ネットなどで調べると、たしかに返金はしてもらえるようですが、やはり仮契約とはいえ、一度払ったお金を返してもらうにはそれなりに手続きも必要になりますし、返金してもらえるとはいうものの、どうしても契約を解除するのを躊躇してしまうと思う。

それが狙いなのだとは思いますが、さすがに仮契約にしては、ちょっと額が大きすぎる気がします。

返金しますから仮契約を、なんて言って返金ありきで100万円もの大金を支払わせるなんて、冷静に考えればおかしな話だと思いませんか?

たとえば家に次ぐくらい高価な自動車で考えてみてください。

絶対返金するから手付金を、なんてことを言うディーラーはまずいません。

まあ、家と自動車は違うので単純に比べる意味はないのかもしれません。

営業さんの立場で考えると、思わず口走ってしまうというのもあると思います。

とはいえ、必ず返金します、と保証しながら、入金が必要っていうのはちょっと疑問です。

海外で製造されている

一条工務店の家を建てるときの資材の多くが海外で作られているそうです。

高性能な家を低価格で供給するためには仕方ないのかもしれません。

むしろ価格低減のために海外で生産するという努力は素晴らしいと思います。

でも、なんとなく引っかかるところです。

一条工務店の家は、i-smart、i-cubeに代表される2x6の家が多いと思います。

そのパネルを海外で製造して日本で組み立てるということになります。

もともと2x6の壁などはできれば濡らしたくないはず。

それがどのように海を渡ってくるのかはわかりませんが、コンテナなどに乗せられて来るのは大きなリスクだと感じました。

コンテナに載ってしまえば安全ですが、積み下ろし作業の時などは常に屋根があることはあり得ません。

そして、せっかく日本に住んでいるのですから、できれば日本製の家に住みたい、とも考えました。

日本製といっても海外製の部材は数えきれないほど使われていると思います。

さらに、職人さんが手で仕上げるようなところが減った今、機械で製造するならどの国で作っても同じとも言えます。

それでも多少なりとも日本で作られたり組み立てられる方が気持ちの上でうれしいかも。

どなたかの一条工務店のブログで床が虫に食べられて穴が開いたというものも見ました。

たまたま日本で被害にあった可能性もありますので、なにが原因かは実際にはわかりませんが、こういった虫による被害のことを考えると、海を渡るために港での積み下ろしなどが必要になることによって他のハウスメーカーよりも、リスクが高いかもしれません。

海外で製造されていることは、一条工務店のデメリットと考えなければいけないのかもしれません。

ハイテク感

一条工務店と言えば、換気システム、床暖房、太陽光発電など、なんとなくハイテクなイメージがあります。

これらも気になりました。

たしかに快適な暮らしには、それらは重要で必要なものかもしれません。

でも、私は個人的に、ハイテクな機器はいずれ必ず故障する、と考えています。

対して、家の構造や窓、外壁などというものは、基本的に故障することはほとんどない。

窓ガラスだって割れることもあるし、壊れることがまったくないわけではありませんが、基本的に普通に使用していれば壊れることはまれだと思うのです。

でも、テレビなどの家電が思ったより早く壊れてしまうように、ハイテクな機器、デジタルな機器とでも言いましょうか?それらはある程度の年月で必ず壊れてしまうと思うのです。

その時、修理するだけの費用を捻出できれば、まったく問題ありません。

でも、そう簡単にはいかないのではないか?

さらに修理を手配したり、立ち会ったりと、手間がかかるのも嫌。

家は、普通に住めて、基本壊れない、このほうがいいと考えました。

最大の理由

いくつか書きましたが、最大の理由は、結局はお金です。

フィリピンで製造していようが、しっかりと作られていれば問題ありません。
コストダウンも重要なことです。

ただ、そのコストダウンされた金額は、性能の割には安価だといわれてはいますが、はっきり言って安くはありません。

なかなかいい金額です。

当然予算が足りなければどうにもなりません。

本当は単純に予算オーバーで断らなければならないのを、何か理由をつけて気に入らないから断るってことにしたかったのかも。

ただ、天井の高さと窓の小ささについては、見積金額が出る前に気になりだしたので本当に気になったこと。

そして、現在は天井高さについては、オプションにて対応可能のようです。
さらに、他社については、実はほとんどのところが2400程度が標準で、高くするにはオプションのところも多いようです。

そうなると天井高さより窓が重要なのかな?

いずれにせよオプションでも天井を高くできるなら、もっと悩んだかもしれません。

でも、どうせ予算オーバーだったとは思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク