一条工務店を止めた理由

一条

一条工務店のコンセプト。

家は性能。

強度があって、大きな地震があっても倒壊しない。

さらに、耐久性もあって長持ち。

そして、省エネで快適に暮らせる。

こういう基本性能にこだわっているのが一条工務店。

住宅展示場で一条工務店のモデルハウスへ行って話を聞くと、非常に説得力があります。

私も、初めて行った展示場で説明を聞いて、すごく納得できたのを覚えています。

でも、私は一条工務店では家を建てませんでした。

理由について書きますが、あくまで個人的な意見ですので、参考程度と考えてください。

予算が足りなかった

一条工務店。

名前に工務店と入っているからといって、まったく安いわけではなく、しっかりとしたハウスメーカーです。

よく一条工務店について言われているのが、全館床暖房、外壁総タイル張り、すごい量の太陽光パネルを載せている割には安いというもの。

確かに、同じことを他のハウスメーカーでやるよりは安いと思います。

でも、これらの設備のいずれかが不要な方の場合、どうでしょうか?

一条工務店の場合、これらの設備が標準、もしくは、準標準仕様のような形で組み入れられているため、やめたとしても極端に安くなるわけではありません。

このあたりの設備を標準化することによって他メーカーと比較すると安くなる。

要するに、高価な設備をフルに付けた時の比較では優位になる価格設定となっていると思います。

ただ、私は個人的に床暖房、太陽光についてはあまり必要性を感じなかった。

あまり寒くない地域に住んでいるというのもありますし、暑いのが苦手ですが、寒いのは比較的苦手ではなかったこと。

さらに、子供の教育上も、夏は夏らしく、冬は冬らしい生活、季節を感じる生活のほうがいいのではないかと思っていた、というのもあります。

だから、試しに、そのあたりの設備を外したプランをもらったりもしてみたのですが、そうしてしまうと、まったく安くないということがわかりました。

もともと予算がハウスメーカーで立てるには少なかったのもあり、大予算オーバー。

断念することとなりました。

ただ、床暖房や太陽光を必須と考えている方にとっては、それらを割安に手に入れることができます。

これが一条工務店の最大のメリットといえるのかもしれません。

なんとなく感じる圧迫感

はじめて一条工務店のモデルハウスに行ったのは、たしかi-cubeでした。

その後、i-smartも見ました。

はじめのうちは特に何も感じませんでした。

でも、そのうちなんとなく窮屈な感じというか、圧迫感を感じるようになりました。

理由は、天井高さ。

1階の天井高さって、他のメーカーのモデルハウスは結構高いところが多いです。

でも、i-cubeもi-smartも2400。
高くすることはできないということでした。(現在は、オプションで高くできるらしい)

そして、天井高さだけでなく、窓の小ささも気になってきました。

他のメーカーのモデルハウスでは窓を大きくして開放感を出そうとしています。

比較対象ではないかもしれませんが、特に鉄骨のハウスメーカーのモデルハウスでは、これでもかと大きな窓を採用しています。

対して、一条工務店のモデルハウスの窓ってなんか小さいような。

これも天井高さが低いため窓が小さいのだろうか?

たまたまそのモデルハウスがそうなっているだけかもしれませんが、どうも窮屈な感じがする。

住んでしまえば特に気にはならないのかもしれませんが、他社も見て比較検討しているときには気になりました。

一条工務店の施工にリビングの吹き抜けが多いのは、2x6の四角い家にする金額面のメリットと、この天井高さにも理由があるのかも。

高気密・高断熱だから吹き抜けにしても寒くない。

確かに、そのとおりなのですが、標準天井高さが低い。だからリビングを吹き抜けにする。

モデルハウスではこの手法が使われている気がしました。

外観デザインが気になった

i-smartって結構かっこいいと思うのですが、どこからどう見てもi-smartに見えてしまいます。

i-cubeも同じ。

ひと目でわかる。

なんとなくそれも嫌でした。

モデルハウスを見て、プランと見積を作ってもらう前に、完成見学会に行かせてもらいました。

その家はi-smartだったのですが、もうひと目でi-smartってわかります。

家を真剣に検討して、しばらく住宅展示場へ通っていれば、他のハウスメーカーについても、ある程度は判別できるようになってはきます。

でも、一条工務店のこの2つのシリーズはあまりにもわかりやすすぎる。

一目で判別できてしまいます。

まあ、判別できたからと言って、特にデメリットもないのですが、友人に、これって一条工務店だよね?って聞かれるのって、それほど気持ちのいいものではないかもしれないと個人的に思ってしまいました。

さらに、実際に建てたわけではないので、想像だけなのですが、一条工務店の家が近所にあまりなければいいのですが、もし後から近くに建てられたら、それもなんとなく嫌かもって思いました。

しかも、最近は本当に一条工務店の家が増えてきました。

ちょっと車で走るだけで何軒も見つかります。

実際に、一条工務店は注文住宅の年間受注件数でかなり上位のほうにいるようです。

私が調べた年は、2位でした。

そりゃあよく見るわけです。

まあ、一条工務店だけでなく、セキスイハイムだって見た目からほぼわかりますので、一条工務店に限った話ではないのですが、それでも、圧倒的に外観からわかりやすいのが一条工務店の家です。

室内も気になる

はじめは室内の雰囲気は、いい感じと思っていたのですが、なんとなくあまりに画一的といいますか、面白みがないような・・・。

きっと住んでしまえば関係ないし、悪いわけではないのです。

それに契約もしていないので、色とかのチョイスで変わるのかも知れませんが、どうにも気になる。

これが工場で作るデメリットかもしれません。
セキスイハイムは見ていないのですが、これもそうなのだろうか?

工場で作ることのイメージとして、高品質で均一な品質というものがあると思いますが、どうしても見た目も均一な感じになるのかもしれませんね。

仮契約を結んでほしいというのが気にかかる

以前にこんなことを書きました。

とりあえず仮契約・・・は絶対にやめましょう

一条工務店でも、とりあえず仮契約を、とかなりお願いされます。

最終的に契約しなければ返金します、なんて言われたりもする。

その額、なんと100万円。

仮契約なんていうなんだかいい加減なものに100万円も必要と言われても、どうしても納得できません。

我が家は結局払いませんでした。

ネットなどで調べると、たしかに返金はしてもらえるようですが、やはり仮契約とはいえ、一度払ったお金を返してもらうにはそれなりに手続きも必要になりますし、返金してもらえるとはいうものの、どうしても契約を解除するのを躊躇してしまうと思う。

それが狙いなのだとは思いますが、さすがに仮契約にしては、ちょっと額が大きすぎる気がします。

返金しますから仮契約を、なんて言って100万円もの大金を支払わせるなんて、冷静に考えればおかしな話だと思いませんか?

たとえば家に次ぐくらい高価な自動車で考えてみてください。

絶対返金するから手付金を、なんてことを言うディーラーはまずいません。

まあ、家と自動車は違うので単純に比べる意味はないのかもしれませんが、必ず返金しますと保証しながら、入金が必要っていうのはちょっと疑問です。

海外で製造されている

一条工務店の家を建てるときの資材の多くが海外で作られているそうです。

高性能な家を低価格で供給するためには仕方ないのかもしれません。

むしろ価格低減のために海外で生産するという努力は素晴らしいと思います。

でも、なんとなく引っかかるところです。

一条工務店の家は、i-smart、i-cubeに代表される2x6の家が多いと思います。

そのパネルを海外で製造して日本で組み立てるということになります。

もともと2x6の壁などはできれば濡らしたくないはず。

それがどのように海を渡ってくるのかはわかりませんが、コンテナなどに乗せられて来るのは大きなリスクだと感じました。

個人的にせっかく日本に住んでいるのだから、海外でも評価が高い自動車については、輸入車よりは日本車に乗ろうと考えています。

同じように、せっかく日本に住んでいるのですから、できれば日本製の家に住みたい、と思ってしまいました。

どなたかの一条工務店のブログで床が虫に食べられて穴が開いたというものも見ました。

たまたま日本で被害にあった可能性もありますので、なにが原因かは実際にはわかりませんが、こういった虫による被害のことを考えると、海を渡るために港での積み下ろしなどが必要になることによって他のハウスメーカーよりも、リスクが高いかもしれません。

海外で製造されていることは、一条工務店のデメリットと考えなければいけないのかもしれません。

ハイテク感

一条工務店と言えば、換気システム、床暖房、太陽光発電など、なんとなくハイテクなイメージがあります。

これらも気になりました。

たしかに快適な暮らしには、それらは重要で必要なものかもしれません。

でも、私は個人的に、ハイテクな機器はいずれ必ず故障する、と考えています。

対して、家の構造や窓、外壁などというものは、基本的に故障することはほとんどない。

窓ガラスだって割れることもあるし、壊れることがまったくないわけではありませんが、基本的に普通に使用していれば壊れることはまれだと思うのです。

でも、テレビが思ったより早く壊れてしまうように、ハイテクな機器、デジタルな機器とでも言いましょうか?それらはある程度の年月で必ず壊れてしまうと思うのです。

その時、修理するだけの費用を捻出できれば、まったく問題ありません。

でも、そう簡単にはいかないのではないか?

さらに修理を手配したり、立ち会ったりと、手間がかかるのも嫌。

家は、普通に住めて、基本壊れない、このほうがいいと考えました。

最大の理由

いくつか書きましたが、最大の理由は、結局はお金です。

フィリピンで製造していようが、しっかりと作られていれば問題ありません。
コストダウンも重要なことです。

ただ、そのコストダウンされた金額は、性能の割には安価だといわれてはいますが、はっきり言って安くはありません。

なかなかな金額です。

当然予算が足りなければどうにもなりません。

本当は単純に予算オーバーで断らなければならないのを、何か理由をつけて気に入らないから断るってことにしたかったのかも。

ただ、この天井高さと窓については、見積金額が出る前に気になりだしたので本当に気になったこと。

そして、現在は天井高さについては、オプションにて対応可能のようです。
さらに、他社については、実はほとんどのところが2400程度が標準で、高くするにはオプションのところも多いようです。

オプションでも天井を高くできるなら、もっと悩んだかもしれません。
でも、どうせ予算オーバーですね。

関連おすすめ記事



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする