親からの援助

家を購入しようと思っていることを親に伝えたところ、
両親から資金を援助してもらえることになりました。
住宅購入のための親からの援助は、税金がかからないというのもあり、
大変ありがたいことです。
援助してもらうのだから、
ハウスメーカーの選定や打合せの経過なども、
ちょくちょく報告していました。
そこまでは特に問題なかったのですが・・・。

0276

メーカーを決め、間取りを決定することになり、
ちょっと雲行きが怪しくなってきました。
「ここはこれじゃあだめだ。」
とか、
「水周りはこちらのほうがいい。」
など、何かと指摘を受けるようになりました。
でも、お金を出してもらっているのだから、
多少は仕方ありません。
いわゆる家相など、古くからの言い伝えのようなものを
非常に気にしているのです。
最終的には、
「知っている家相の先生に間取りを見てもらったほうが・・・」
などと言い出すしまつ。
私たちも、自分の住む家ですので、
できるだけ自分たちの希望通りにと抵抗したのですが、
不吉なことを言われると、
そうしたほうがいいのだろうか?と思ってしまい、
親の言うことにある程度従ったところもでてきてしまいました。

そして、家は完成。
・・・ちょっと希望とは違うかも。
悪いわけではないのですが、やはり自分たちの意見を押し通すべきですね。
悔いの残る家作りとなってしまいました。
こうなってしまうと、資金援助はありがたいのですが、
お金だけ受け取って、あとは自由にさせろとは言いづらいため、
援助を断ったほうが良かったかな?
などと考えてしまうこともあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク