予算のバランス

0275

ハウスメーカーの見積には、
掛かるかもしれない予算もしっかりと計上してもらいました。
たとえば地盤補強など。
外構はもちろん、家具、家電、カーテンなども予算として入れてもらい、
もうこれ以上は追加は無いであろうという概算見積を作ってもらいました。
なので、我が家の予算としては、限界ぎりぎりまで、
家のオプションをつけました。

そして、地盤調査の結果、想定どおり地盤補強が必要。
地盤補強費が必要となりましたが、想定の範囲内。
問題ありません。
そして、着工。
工事中に、家具やカーテンを選ぶことにしました。
家具やカーテンも概算見積に入っているため安心です。
ですが、家具、カーテンってあんなにするんですね。
予算として採ってあるので、
あまり値段を気にせずカーテンを選んだのですが、予算オーバー。
まあ、カーテンは量も多いからそういうこともあるかも。
次は、家具です。
・・・家具のほうが強烈です。
気に入ったものを選ぶと、予算はあっという間にオーバーします。
普段は、ホームセンターのようなところなどしか見ていなかったため、
いい家具がどれくらいの値段かまったく知りませんでした。
家具では大幅予算オーバーです。

ここで少し心配になってきました。
家電はエアコン以外はあきらめてもいい。
今使っているものがありますから。
でも、外構はそうはいきません。
最低限必要です。
それまでは外構は家が完成してから、
業者を探せばいいと思っていましたが、
急遽、業者を探し見積を依頼することにしました。

2社に要望を伝え、プランをお願いしました。
プランはすばらしいものでしたが、見事予算オーバー。
それも、中途半端なオーバーではありません。
大幅な予算オーバー。
2社ともプランは違えど、同じような金額。
私たちが考えている予算では無理のようです。
仕方なく最低限の外構に切替。
門柱と駐車スペース。
ウッドデッキや庭はもちろん中止。
フェンスも安いものに変えました。

完成してみると、家は立派なのに、外構はいまいち。
そして、リビングは、大きなテレビを買う予定で、
造作してもらったテレビボードのところが、ぽかんと空いています。
はじめに、見積として金額をのせてはもらいましたが、
外構などは最低限しかやらないつもりだったので、
予算が少なかったです。
でも、家の予算に合わせて外構を考えないと、
見た目がちぐはぐになってしまいますね。
予算は、トータルで考え、バランスよく配分すべきだと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク