2階リビングのメリット・デメリット

家が密集した土地では、誰もが一度は考える2階リビング。
でも、実際に暮らしてみるとデメリットもあります。
2階リビングのメリット・デメリットを考えてみます。

0243

メリット

日当たり・採光がとりやすい

メリットの代表的なものがこれ。
日当たりや採光の目的で2階リビングを検討したという場合が
ほとんどだと思います。
これは、間違いなく1階よりもよくなります。

近所の視線が気にならない

これがはじめにあげた日当たりなどに次ぐメリットです。
確かに、道路に面していて、その道路がかなり近くても、
二階ならばまったく気になりません。

開放的な空間が得られる

これは視線が気にならないからできることですが、
2階なので、カーテンを開けたままで生活しても、
あまり人の視線にさらされることはありません。
そのためカーテンを開けたまま生活することもできます。
あくまで比較的なので、どうしても見えることもありますが。
そして、それにプラスして、
ベランダとの一体感が得られる為でもあります。
ベランダは当然2階にあります。
カーテンがなければ、リビングとベランダは、
つながった空間のように感じられる。
そのため大きな空間となり、開放的な空間となります。
ただ、ベランダを有効に活用するのは難しいのが実情です。

デメリット

動線が長くなる

間取りを考える上で動線はかなり重要なものですが、
2階リビングを採用するとどうしても動線が長くなってしまいます。
例えば、ごみ出し。
2階リビングだからといって、
ダイニングとキッチンを1階にすることはまずありません。
そうなるとごみ出しのときは、
いちいち階段を上り下りしなければなりません。
来客時も同様です。
基本的な生活スペースが2階にありますので、
外部とのやり取りが必要なときは、動線が長くなってしまいます。

防犯面

泥棒などは当然1階から侵入します。
でも、生活スペースは2階にあるため、侵入に気がつかない恐れがあります。
そして、それ以上に心配なのが、夜寝ている時。
2階に生活スペースがあるということは、寝室や子供部屋は1階。
夜中にも人がいるため、防犯上メリットと考えがちですが違います。
逆にデメリットのほうが大きいのです。
普通の1階リビングなら、2階で寝ている間に泥棒に入られたが気がつかなかった。
確かに、泥棒には入られましたが、ここでおしまいのことが多い。
しかし、これが1階で寝ていて、泥棒に入られると、
下手をすると泥棒と遭遇することになってしまいます。
これが一番危ないのです。
防犯面では、2階リビングはデメリットと考えてよいと思います。

費用がかかる

それほど大幅なアップにはならないかもしれませんが、
2階に給排水が増えたり、重量物を2階に設置することになる為、
1階リビングよりも費用がかかります。

2階リビングを採用するべきか

2階リビングのメリット、デメリットは他にもありますが、
主なものはこんなところです。
総合して考えると、デメリットのほうがやや大きいかなと思います。
一番気になるのは、動線でしょうか。
これは毎日のことになるので、気になりだしたらかなりのストレスとなります。
ただ、確実にメリットもありますので、
メリット、デメリットを踏まえ、しっかりと検討してから採用して下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク