土地は何度も下見する

0259

家を建てるとき、土地から探すなら、
日当たりや広さも大事ですが、
その周辺環境のほうが大切。
駅、バス停、子供がいるなら学校までの距離、
近所のスーパーやコンビニまでの距離など。
当然このあたりのことはきちんと調べると思いますが、
見落としてしまいがちなのが、ゴミ捨て場。
ゴミ捨て場って、大きなマンションに住んでいた人は専用の捨てる場所があって、
マンションによってはいつでも捨てれたりします。
本当に便利ですよね。
でも、一戸建ては違う。
当然、捨てれる日、時間が決まっています。
それとゴミ捨て場は近いほうがいいのかというとそうとばかりも言えません。
あまりに近いと、ごみのにおいが漂ってきたり、
猫などによってごみが散らかされることもあるため、かなり汚いこともあり、
多少は距離があるほうがいい場合も。
まあ、実際の土地探し中に、そこまではなかなか気がつかないことも多いです。

そして、もっと難しいのが、静かさだったり、周辺の雰囲気。
これは難しいのですが、アパートと同じです。
アパートを借りる時、部屋が同じでも、家賃が違うことってよくあります。
それは周囲の環境によるもの。
基本的に家賃が高い部屋のほうが、絶対に周辺環境はいい。
しかも、隣の部屋などから聞こえる騒音などの問題も、
家賃の高い部屋のがトラブルになりにくい傾向があります。
それは、やはり生活様式によるものかもしれない。
家賃によって、住人がある程度区別される。
大学生が住めるような家賃なら学生が増えて、夜騒がしいこともありえます。
家賃が結構高めで、普通のサラリーマンでもちょっと高いくらいならば、
ある程度静かな環境が得られるでしょう。

土地も同じ。高い土地は、閑静な住宅街に。
安い土地は、やはりそれなりの土地です。
安くて静かな土地。これは辺ぴなところにあり、不便である証しでもあります。
そして、静か過ぎると逆に防犯面で不安です。
夜には真っ暗で人けがまったく無いのかもしれません。

さらに、もう一点非常に難しい問題が、空き地です。
購入する予定の土地の隣は空き地だった。
そのため日当たりがよかったけど、翌年そこに家が建ったら、
一気に日当たりが悪くなり、なんだか損した気分。
そうなんです。空き地や空き家は、どうなるかわかりません。
なぜかずっと空き地の場合もあるし、すぐに3階建てがたってしまったり、
中にはコンビニが急にできたって話まで聞いたことがあります。
まあ、そこまでは考えなくてもいいかもしれませんが、
ある程度のことを想定しておくと、
こんなはずではなかったということが少なくなると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク