住友林業を止めた理由

大手ハウスメーカーをいろいろ見て検討していた時、住友林業が一番好みのハウスメーカーでした。

理由は、和っぽい雰囲気と木質感。

ふんだんに木を使って木質感を出しながらも、ハウスメーカー特有のとでも言いましょうか、野暮ったくならず非常に洗練された雰囲気であることから、好みだったんだと思います。

でも、結局値段が高すぎて、手が出ませんでした。

その後は予算の都合からハウスメーカーはあきらめて、工務店を中心にいろいろ見ました。

本当にたくさんのメーカーや工務店を見て気が付いたのは、私の場合、もし予算が許したとしても、住友林業を選ばなくてよかったのかも、ということです。

住友林業っぽくするのには費用がかかる

見積をもらった段階では、予算が厳しいながらもなんとなならないことはない、というギリギリの状態でした。

その状態で無理して契約していたなら、和っぽい感じや木質感なんて、ほとんど出すことはできなかったのではないでしょうか?

私が好みだったのは、あくまで展示場の住友林業のモデルハウス。

あんな豪華な家は私のような一般庶民には、まず建てられません。

住友林業の場合、基本の坪単価にプラスするオプションの工事によって、和の感じだったり、木質感だったりを出すことになります。

オプション工事をどんどん追加することによって、モデルハウスの雰囲気に近づいていくことになります。

私が住友林業お得意の格子を見て、かっこいい、なんて言っていたからだと思いますが、住友林業に依頼して作ってもらった間取りプランには、室内には、リビングとダイニングの間によく見かける木の格子が間仕切りとして、軽い目隠しのように使われていました。

外観も何もないと寂しいからか、2階の一部にほんの少しだけ格子がアクセントとしてありました。

それはデザインとしては好みなのでうれしいのですが、これらの格子は、坪単価には含まれない標準外の工事であるため、追加費用の掛かるオプション工事となるのです。

予算が厳しいのに、なぜそういった追加工事を見積に含めてくるのか?

その時はちょっと疑問でした。

でも、もし予算が厳しいからと、これらの追加工事をすべて取り払ってしまい、まったくの住友林業の標準工事のみで家を建てたとする。

オプションの追加工事なしで家を建ててしまうと、住友林業っぽさはまったくなくなって、完全に普通の家になってしまうのではないでしょうか?

それを防ぐために予算がなかろうとも、追加工事を入れざるを得ないのだと思います。

外壁のひび割れが心配

住友林業の外壁は、サイディング か 吹付けになりますが、検討中は、住友林業でたてるなら、その特徴でもある吹付けにしたい、と考えていました。

シーサンドコートは貝殻が入っていてきらきらと光り本当にきれいです。

さらに、サイディングのようにコーキングによる継ぎ目もないので、非常にすっきりとした外観にすることができます。

このように吹付けには悪いことはないように感じますが、それではなぜほかのほとんどのハウスメーカーが吹付けにしないのだろうか?と疑問を持つようになりました。

理由は、単純。

吹付けの壁はひび割れるから。

モルタルを塗りその上にシーサンドコートなどを吹付ける関係上、どうしてもひび割れの恐れがあるということでした。

しかも、ネットで調べるとひび割れがまったくない、ということはほぼありえないというような情報も出てきます。

サイディングの場合は、継ぎ目にコーキングがあるのでサイディング自体の割れはほぼありません。

ただ、コーキング部分が劣化により割れてくると思います。

それにたいして、吹付けではコーキングがない代わりに、壁のどこかが割れてくるようです。

どこが割れるかはわかりません。

壁全体のどこでも割れる可能性があるのですから。

そして、割れが完全にゼロというのは難しいようなので、大きな割れがなかったとしても、細かいひび割れ等は避けられないでしょう。

ひび割れるということを想定して考えると、雨を防ぐということについては、吹付けのほうがいいのかもしれませんが、見た目という面ではサイディングのほうがいいような気がする。

せっかくの住友林業の特徴でもあるシーサンドコートですが、ハウスメーカー検討中には、逆にネックとなってしまいました。

ただ、一応サイディングも可能のようでしたが、その場合、住友林業にすべきかどうかが疑問になってきてしまいますね。

オプションは必須

予算に多少なりとも、ゆとりがあればいいんです。

後になって普通すぎる、ということに気がついても、オプションで追加できますから。

でも、我が家にはそれは無理。

もし住友林業で家を建てるなら、予算は本当にギリギリでした。

オプションを減らすことはあっても、増やすことは絶対にできなかったと思います。

予算が限られていると、なかなか見た目の為だけにあまりお金を掛けることができません。

オプションを付けるとしても、設備のグレードアップなど機能面でのメリットがあるものとでも言いましょうか?そういったものが主体となってしまいます。

そうなってしまうと、ハウスメーカーだろうが、工務店だろうが、どこで建てようと、同じような家が建つのではないかと思うのです。

住友林業のモデルハウスを気に入って、住友林業らしい家を建てたいのに、予算に縛られてしまい、住友林業らしさを出すことがまったくできない。

これが一番残念だと思います。

これは住友林業だけでなく、他のハウスメーカーはもちろんですが、値段が高めの工務店にもいえることかも。

予算が乏しくて、オプションなどを削っていくと、最終的には、見た目はどこで建てても同じになってしまいそう。

その当時いただいた住友林業のプラン、見積は、たしかすぐに返却しましたので、あまり詳しくは覚えていませんが、他の工務店でも同じような家が問題なく建てられるような気がします。

そして、住友林業に限りませんが、あるハウスメーカーの雰囲気が好みだった場合、そこそこ似たような雰囲気を得意としている工務店に、あのメーカーの雰囲気でお願いしたいと伝えれば建てることは可能ではないか?とも思います。

ただ、そういう風に依頼してしまうと、工務店の方はあまりいい気はしないかもしれませんが・・・。

一言あってもいいのでは?

結局、予算の都合から大手ハウスメーカーに見切りをつけ、その後、工務店を見ました。

驚きました。

その木質感に。

坪単価の高い工務店のモデルハウスは、たいてい住友林業より木質感では上です。

そして、坪単価が高いといっても、それは住友林業よりは安いのです。

ただ、これもあくまでモデルハウスの話。

ある工務店の室内の扉がかなりかっこよかったので、たぶんオプションだと思い、営業さんに聞いてみたのですが、1階は、標準に含まれます。ただ、2階は、オプションになってしまうということでした。

これは大きいです。

もし、何も追加しなくても、そのモデルハウスの雰囲気が少しは出せるのですから。

ちなみに、その工務店は、気に入ったけど結構高かったので、そこでは建てることはできませんでしたが、その工務店のモデルハウスで営業さんにこんな質問をしてみました。

私「この建具を一般的なものにしたらもっと安くなりますか?」

工務店営業さん「そうするとうちで建てるよさがなくなってしまいますよ。」

この言葉に、あっ、と思いました。

この工務店の使っている室内ドアなどは無垢のもので非常に高級そうだったので、これを一般的なメーカーの建具に変えれば私の予算でも手が届くのでは?と考えて質問してみました。

でも、この建具がその工務店の大きな特徴の一つであり、その雰囲気を気に入ってその工務店で建てたい、と思っているのに、予算がたりないからと言って、その建具をやめて、そこに依頼するなんて、よくよく考えてみればおかしな話なのです。

そして、このようなことを住友林業の営業さんも言うべきなのではないでしょうか?

オプション工事を無くしてしまうと、住友林業の良さが出ませんよ、と。

工務店のモデルハウスを見ていて、住友林業のモデルハウスと異なる点も見つけました。

工務店のモデルハウスには、木質感はあっても、洗練された感じは少ないということです。

たぶん工務店で建てられる方は、より和の雰囲気だったり、よりナチュラルな雰囲気を好むというのもあるかもしれません。

でも、それだけではないのかもしれない。

やはり大手ハウスメーカーである住友林業と同じようには洗練された雰囲気を出すのは、意外と難しいのかも、とも思いました。

予算の乏しい我が家には、住友林業でないほうがよかったのだと思います。

でも、ここまで書いて気がつきました。

住友林業は、私にとっての「すっぱい葡萄」なのかもしれません・・・

 関連記事 住友林業の申込金5万円はすぐに払ってはいけないと思う

スポンサーリンク
スポンサーリンク