住友林業を止めた理由

住友林業

大手ハウスメーカーを検討していたとき、
いろいろなハウスメーカーを見ましたが、住友林業が一番好きでした。
理由は、和っぽい感じと木質感。
木質感を出しながらも洗練された雰囲気が好みだったんだと思います。
でも、結局値段が高すぎて、手が出ませんでした。
その後、工務店を中心にいろいろ見ましたが、
私の場合、住友林業を選ばなくてよかったのかもしれません。

予算が厳しいながらも無理して契約していたなら、
和っぽい感じや木質感なんて、出すことはできなかったのではないでしょうか。
私が好みだったのは、あくまで展示場のモデルハウスの家。
あんな豪華な家は私のような庶民には建てられません。
基本的にオプションの工事によって、
和の感じだったり、木質感だったりを出すように追加すると、
モデルハウスの雰囲気に近づいていく。

私が格子を見て、かっこいいなんて言っていたのもあると思いますが、
作ってもらった間取りプランには、
室内には、リビングとダイニングの間によく見かける木の格子が間仕切りとして、
軽い目隠しのように使われていました。
外観も何もないと寂しいからか、少し格子をアクセントにしてありました。
それは好きなデザインなのでいいのですが、これらの格子などは、
坪単価には含まない標準外の工事であり、坪単価外の工事となるのです。
予算がない中、なぜそういった追加工事を見積に含めてくるのか?
もし予算がないからと、これらの追加工事を取り払ってしまい、標準で家を建てる。
これって完全に普通の家なのではないだろうか?

オプションが必須

予算に多少なりとも、ゆとりがあればいいんです。
後になって普通すぎることに気がついても、オプションで追加できますから。
でも、我が家にはそれは無理。
お金ありませんから。
オプションを減らせても、増やすことは絶対にできなかったと思います。
予算が限られていると、見た目の為にあまりお金を掛けることができませんから。
そうなると、ハウスメーカーだろうが、工務店だろうが、どこで建てようと、
同じような家が建つのではないかと思うのです。
住友林業らしい家を建てたいのに、
らしさを出すことがまったくできないような気がします。

これは住友林業だけでなく、他のハウスメーカーはもちろんですが、
値段が高めの工務店にもいえることかも。
予算を削っていくと、最終的には、見た目はどこで建てても同じになりそう。

その当時いただいた住友林業のプラン、見積は、たしかすぐに返却しましたので、
あまり詳しくは覚えていませんが、他の工務店でも問題なく実現できる気がします。
そして、住友林業に限りませんが、あるハウスメーカーの雰囲気が好みだった場合、
そこそこ似たような雰囲気を得意としている工務店に、
あのメーカーの雰囲気でお願いしたいと伝えれば作ることは可能ではないかとも思います。
ただ、それを言うと、工務店の方はあまりいい気はしないかもしれませんが。

一言あってもいいのでは?

結局、大手メーカーに見切りをつけ、その後、工務店を見ました。
驚きました。その木質感に。
坪単価の高い工務店のモデルハウスは、たいてい住友林業より木質感では上です。
そして、坪単価が高いといっても、それは住友林業よりは安い。
ただ、これもあくまでモデルハウスの話。
室内の扉がかなりかっこよかったので、たぶんオプションだと思い、聞いてみたのですが、
1階は、標準に含まれます。ただ、2階は、オプションになってしまうということでした。
これは大きいです。もし、何も追加しなくても、
そのモデルハウスの雰囲気が少しは出るのですから。
ちなみに、その工務店は、気に入ったけど結構高かったので、
そこでは建てることはできませんでしたが、
モデルハウスで営業さんにこんな質問をしてみました。
私「この建具を普通のものにしたらもっと安くなりますか?」
工務店営業さん「そうするとうちで建てるよさがなくなってしまいますよ。」
この言葉にあっと思いました。
これを住友林業の営業さんも言うべきなのではないでしょうか?

工務店のモデルハウスを見ていて、住友林業のモデルハウスと異なる点も見つけました。
工務店のモデルハウスには、洗練された感じは少ないということです。
たぶん工務店で建てられる方は、より和の雰囲気だったり、よりナチュラルな雰囲気を
好むというのもあるかもしれません。
でも、それだけではないのかもしれません。
やはり大手メーカーの出す洗練した雰囲気をうまく出すのは、
意外と難しいのかも、とも思いました。

予算の乏しい我が家には、住友林業でないほうがよかったのだと思います。
でも、ここまで書いて気がつきました。
住友林業は、私にとっての「すっぱい葡萄」なのかもしれません・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク