ご近所トラブル

0258

土地から探して家を建てる。
いい土地が出てきたら、昼と夜に実際に行って、
うるさくないか、周辺環境などを調べる。
環境は何度も行けばある程度は調べることができます。
調べた限りは申し分なし。
でも、お隣さんやご近所のかたがどういう方なのか調べるのは難しい。
ご近所さんに直接聞くこともできません。
まったく知らない土地ではなんともなりませんが、
ちょうど見つかった土地は、近所にちょっとした知り合いがいる場所。
まあ、知り合いといっても、電話番号も知らないような方。
友達の友達という感じの方で、友達を通じてたまにお会いする程度です。
それでもまったく知らない人ばかりよりはいい。
それにその方を通じて、土地についてや、
ご近所さんについて教えてもらうこともできます。

その方に聞いた情報では、かなり雨が降ってもまったく水も出ないし、
地盤が悪いなども聞いたことがない。
そういった心配はまったく無いようでした。
ご近所さんについても、それほど交流があるわけでもないので、詳しくは知らないけど、
変な人がいるっていうのも聞かない、と言っていました。
それなら大丈夫かなと思い、その土地を購入。

でも、少し変わった方が住んでいました。
その知り合い自身が、一番ご近所づきあいがやっかいな人だったのです。
他の近所の方とは良好な関係なのですが、その知り合いだけは、
なんとなくですが私を無視しています。
理由がよくわからないためまったく対処のしようがありません。
まあ、その知人ともう一人の方に無視されているだけで、
他の方は優しくいい方ばかりなのであきらめています。

ただ、引っ越してから、
ご近所付き合いの難しさが良くわかりました。
それまで空き地だった我が家の場所。
我が家が建ったことで、どうしても皆さん不便になるのです。
日当たりが悪くなる家もあれば、いままで路上駐車していた場所が、
我が家の入口にあたるため無くなったりと、
我が家が悪いわけではありませんが、なにがしかの影響が出る。
さらに、新築の真新しい家に住んでいるので、
どうしてもねたみのようなものもあるのかもしれない。

新たに造成された分譲地でないかぎり、新築は一軒だけ。
どうしてもうらやましい気持ちとねたみのようなものもありますよね。
その上、工事中は、家を建てるのですから、
音や振動、ごみの問題など、ご近所さんにとっていいことなんてありません。
ずっと我慢してやっていた。
そういう思いがご近所さんにはあると思います。
ですから引っ越した時は、すぐにご挨拶に伺い、
工事中迷惑をかけたと一言お詫びする。
実際に、迷惑だったかどうかは関係ありません。
一言あるだけでかなり印象は変わるはずです。

近所付き合いなんて最近はほとんどなくなりました。
マンションとかだと、お隣さん以外ほとんど知らないということも。
でも、まだまだ地元の集まりやご近所付き合いがあります。
特に田舎ではまだしっかりと残っています。
マンションなら、引っ越すこともありますが、
一戸建てはご近所さんとは一生ご近所さんです。
できる限りうまくやりたいものです。
引っ越してから、1年もすれば、
新築へのうらやましい気持ちもなくなりますので、
ある程度、最初は我慢したほうがいいのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク