分筆トラブル

我が家は元農家ということもあり、家を建てる土地だけはありました。
田舎のほうだと、こういう方は多いのではないでしょうか?
大変ありがたい話で、先祖にお礼を言わないといけませんが、実際田舎には、ほんとに土地だけは余ってます。

0235

でも、土地があってもそこは農地。
すぐに家を建てることはできません。
家を建てられるようにするため、農地から宅地に地目変更をするのですが、昔からの農地だと、かなり大きいため分筆が必要となります。
大きな土地を新たに線引きし、家を建てる土地と農地のままの土地の二つに分ける。
これが分筆です。
そして、家を建てるほうだけ宅地に変更してやっと家が建てられる。

でも、この分筆。
結構厄介な手続きが必要なのです。
まず、分筆するには、隣接する土地の所有者全員の許可が必要となります。
我が家の土地は、なんと4ヶ所も土地が接している。
4軒の家から許可をもらう必要があります。
自分の土地を二つに分けたいだけなのに、なぜ許可が必要なのだろう?
もう、この時点でかなり面倒なのですが、
ルールなので仕方ありません。
一応皆さんご近所さんなので、
それほど問題なくいけるかと思いましたが・・・。

自分の土地ってどこからどこまでか知っていますか?
私は知りませんでした。
いや、自分の家の土地は知っています。
赤い杭のようなものが埋まっていますから。
でも、家を建てようとする農地については、
まったく知りません。
そして、そういう杭もどこにあるのかわからない。
土地の図面からその場所を探してもどこにも無い。
そのうち出てきました。
なんと場所が違います。
そして、その位置だと登記したものと面積が違います。
かといって、図面の位置にすると、今までお隣さんの土地と
思っていたところが我が家の土地となってしまうため、
お隣さんが認めない。

最終的には、分筆したい私が土地が小さくなってもいいので、
この位置で測量図を修正し、分筆しました。
今回は、土地がかなり大きく、私としては、
多少、小さくなろうがまったく問題なかったため揉めませんでしたが、
この分筆と境界の問題はかなりトラブルの元になりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク