土地環境は変化する

5軒並びの分譲地の土地を購入し、家を建てました。
元は畑だったらしく、この5軒以外、
周辺には何軒か家は建っていますが、
だいたいは、まだ畑といったところです。
非常に静かでいい感じのところ。
駅からは遠いですが、もともと田舎で車が必須なため、
それは我慢できる。
駅までのバスは来ており、バス停は非常に近いので、
もし車がなくてもそれほど不便でもなさそう。
買い物も、ちょっと散歩がてらにいける程度の距離にスーパーがありますし、
学校も近くはありませんが、遠くもなく問題ありません。
周辺環境は申し分ない。
ついでに職場までの距離も少しですが近くなる。
言うことなしです。
引越し当初は、非常に満足していたのですが、
引越しから1年が過ぎたころ環境が変化しはじめました。

近くの畑が造成を始めたので、
ここと同じように分譲でもできるのかなと思っていました。
ですが、分譲にしてはかなり広く造成しています。
なにができるのかと思ったら、マンションの建設でした。
それもかなり大きい。
考えてみれば私たちがいい環境だと思ったということは、
だれもがいいと思うということ。
マンションなどができるのも仕方の無いことです。
まず、その工事中。
さすがにそこそこ大きなマンションですので、かなりうるさい。
でもそれは工事が終わるまでの我慢。
それが終わればまた静かになる、と思ったのですが、
また別の工事が始まりました。
大きなマンションができるということは、周りも急に店などができるもので、
コンビニ、ドラッグストア、また、マンション、そして、飲食店など、工事は続きました。
はじめのマンション以外は少しはなれている為、騒音等の問題はなかったのですが、
近所で工事が続く為、どうにも落ち着かない状態です。

0079

そして、ある程度いろいろな店などもでき、
工事は終わりましたが、引越し当時の静かな環境は、激変。
非常に便利にはなりましたが、
わずか4、5年程度で景色がまったく変わってしまいました。
何も無い土地というのもこういうこともおこりえますので、
見極めが難しいと感じました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク