無垢のフローリングの欠点

フローリングは、無垢がいい。
あるメーカーのモデルルームを見て、一目ぼれ。
それまで無垢は見たことがなかったのですが、
質感がまったく違います。
最近のフローリングはかなり室が高くなって、
見分けがつきにくくなったとはいえ、無垢に比べればまだまだ。
家を建てるときは絶対に無垢のフローリングにしようと決めました。

0178

実際にメーカーに見積依頼をする時に、
あらかじめ床は無垢フローリングという要望を出し、仕様を入れてもらいました。
お金がかなりかかりましたし、床暖房が使えないなど少し残念でしたが、
どうしてもとなんとか採用にこぎつけました。

そして、家が完成。
やはり質感はいい。
見れば見るほど採用してよかったって思います。
でも、一点弱点がありました。
無垢フローリングですが、どうしても隙間が大きくなります。
普通のフローリングでは、ほとんど隙間なしでどんどん敷き詰められていきます。
でも、無垢の場合はそうはいきません。
木の動きを逃がすためなのか、隙間をわざと作って張らないといけません。
それは暮らしだすまでは問題ありません。

でも、生活しだすと当然ほこりやごみが出ます。
その小さなほこりやごみがその隙間に入ってなかなか取れません。
まだ、ごみならいいのです。
一番厄介なのは、子供がジュースや牛乳をこぼした時。
その隙間に入るととるのはとっても時間がかかる。
隙間に雑巾などを入れて何とか拭く。
それでも残るので、ティッシュなどを隙間にいれ吸いとる。

大変な労力です。
最近は、もうあきらめ始めましたが、新築すぐにはかなりのストレスでした。
小さいお子さんがいらっしゃる家庭では、
無垢フローリングはあまり適していないのかも。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク