家族での話し合い不足

子供が学校に入るころには家を買いたいね。
こんなことを子供が生まれてから話していました。
でも、子育てや仕事に忙しく、話だけに終わっていたのですが、仕事も一段落。
ついに計画を実行に移すことになりました。

0115

はじめは土地も無いので建売を見る。
初めのうちは、どの建売を見ても、きれいで素敵に見えました。
でも、徐々に目が肥えてくる。
だんだん建売では満足できなくなってきました。
一度注文住宅の素敵な家を見てしまうと、建売の普通すぎる感じが気になってきます。
平均的に誰にでも好まれるように建ててあり、普通なのが建売住宅の特徴ですからね。
結局、注文住宅を検討することになりました。

だけど、予算が問題。
建売に比べて、注文住宅はとても高い。
とてもじゃないけで、土地代が捻出できそうにありません。
私はあきらめて建売でもいいと思ったのですが、主人はあきらめ切れないみたいで、徐々に多少は不便な土地でも仕方ないという感じで、エリアを広げて土地を探すようになりました。
私としては、家は小さくてもいいので、便利な土地がよかったのですが・・・。

それでも、予算は厳しいため、そんな簡単には土地は出てこないと思い、主人の土地探しに付き合っていたのですが、なんと出てきてしまいました。
ただ、そこは駅はもちろん、バス停すらかなり遠い不便なところ。
さらに、子供の学校も結構遠い。
私は、不便だし、学校も遠いので反対だと何度も言ったのですが、こんなに安くて、広い土地はそうは出てこない。
おれの通った学校もこれくらいの距離だった。
と、主人に押し切られる形で、その土地に決定となってしまいました。

実際に住んでみると私の想像していた以上に不便なところ。
やはりはじめから夫婦できちんと話し合い、ある程度ゆずれない条件を決めておけばよかった。
土地が見つかってから、この条件では嫌って言っても、やっといい土地が見つかったのに、と怒ってしまって話し合いは難しかったです。
最初にきちんと話し合っていればよかったです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク