子供と階段の形状

リビング階段にして、リビングを吹き抜けにする。
これは見た目には、かっこいいですが、実際には不便も多い。
どうしてもエアコンの効きが悪くなりますし、音も響きます。
なので我が家は、普通の階段にしました。

0153

特にこだわりが無く、普通の階段にする場合、
階段ってかなりいい加減に考えてしまいます。
間取りを考えていって、どうにか余白に入れ込む感じ。
ハウスメーカーに要望を出し、修正しながら、
階段の位置が変わっていきました。
そして、やっと間取りが完成。

階段はというと、当初は折り返しの階段だったのですが、
ほぼストレートになっていました。
設計の方は、
「この方が1階、2階で荷物を上げ下げするときは便利です。」
「折り返しがよろしかったら、間取りは少し変わりますが変更できますよ。」
と、言っていました。
たしかに、物を持って階段を上り下りの時まっすぐのほうが楽かもと思い、
このままにしました。

0150

でも、やはり折り返し階段のほうがよかった。
それは我が家には、まだ小さい子供がいたから。
まっすぐの階段って、子供がなんとか上り下りしているのを見るとかなり怖いかも。
もし、足を滑らせたら、下までいっちゃいます。
でも、これが折り返しがあれば、そこで停まるはず。
危なっかしいのは変わりませんが、落ちた時のダメージは、半分になる。
たしかに荷物はまっすぐのほうが楽かも。
でも、それは引越しの時と、その後のしばらくの間だけ。
生活が落ち着いてきたら、それほど大きな荷物って運びません。
小さなお子さんがいる方は気をつけたほうがいいかも。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク