ミサワホームを止めた理由

ミサワホーム

ミサワホームの特徴は、なんと言っても蔵。
天井の低さにより延床面積に加算されずに収納などの面積を大きく増やすことができます。
構造としては、普通の2x4。
あとは「MGEO」という制震装置が有名です。
一応、鉄骨もありますが、ほとんど2x4が多いのではないでしょうか?

蔵は他でもできた

ミサワホームの特徴は、蔵。
でも、蔵って別に他のとこでも作れます。
ハウスメーカーではいろいろと決まりごとがあり、難しいのかもしれませんが、工務店ならいくらでもやってくれる。
特許があったらしいのですが、それも切れたか、認められなかったか忘れてしまいましたが、今では完全に自由に他のメーカーや工務店も作ることができるらしい。
一押しのアピールポイントでしたが、別に他でもできると思ったら拍子抜けですね。

MGEOは不要では?

制震装置MGEOですが、そもそも必要かどうかが疑問。
もともとある程度大きな地震がきたら仕方ないっていう考え方をしているのもあり、MGEOに興味がありませんでした。
ホームページなどを見ると、 地震の時、内装などの仕上げの被害も防げる、というようなアピールがされていますが、地震のときに壁紙まで気に掛けてもらわなくても大丈夫かな。
そして、さらに営業さんもそれほど進めてこない。
家の構造だけで十分強いから別に不要というような説明まで受けました。
・・・家が丈夫っていうことを言いたいのでしょうが、不要なものがアピールされているのもどうなのでしょうか?

他に特徴が・・・

これが一番かもしれないのですが、これといった特徴が他に無いんです。
展示場で見てもそうなのですが、他のメーカーと比べてみると本当に普通でした。
まあ、よく言えば標準的な家が建てれるとも思いましたが、私の場合は、悪く考えてしまい、普通すぎて面白くないって思ってしまいました。
これが一番の理由かもしれません。
モデルハウスを見ていても、三井ホームのような洋風のよさもなければ、住友林業のような和風のよさもない。
本当に普通の家でした。
実際には、上にあげたメーカーでもお金を掛けないとそういう雰囲気にはならないので、考えようによっては正直なメーカーともいえるのかもしれませんが、モデルハウスのインテリアをもう少し考えたほうが、と思ってしまいました。

金額はきっちりと高い

当たり前なのですが、大手ハウスメーカーなのできっちりと高いです。
ミサワホームにそれほど特徴が無いと思っていた私にとっては少々高すぎると感じてしまいました。
それでも他のメーカーはそれ以上の金額で見積が出てきたので、妥当な金額だったのだと思います。
蔵は、初めは魅力的に感じましたが、工務店などでも同じような施工が可能ですし、実際に蔵にしまったものは、その後使うものでしょうか?
蔵に何をしまうか考えてみると、蔵にしまうものって一度しまったら二度と外には出てこないようなものばかりでは?と感じてしまいました。
そうなると蔵の価値って微妙かも、と考えはじめます。
その上、金額も高いのですから契約には至りませんでした。
営業さんは感じが良くて悪くなかったのですが、やはり特徴に乏しいというのが止めた一番の理由かな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク