リビング どれくらいの広さが必要?

広いリビング。
誰もが憧れます。
芸能人のお宅訪問などを見ると20畳のリビングなんてのも出てきたり。
リビングだけの20畳なんて、一般家庭ではそんな広さはとうてい無理。
LDK合わせての20畳ならともかくね。
では、実際にリビングはどれくらいの広さがあるとよいのでしょうか?
夫婦2人、子ども2人の4人家族を想定して考えてみます。

多いのは何畳くらい?

最近はLDKが一体となっている場合が多いため、リビング単体での正確な広さはわかりませんが、LDKで20畳程度がよく見る間取です。
リビングとして考えるなら10畳前後がほとんどだと思います。
この10畳のうち、8畳分くらいでテレビ、テーブル、ソファが置かれており、残りが通路のような状態となっているパターンが多いですね。
ちなみに、都市部の場合は土地の関係からもう少し狭い場合も多いかと思いますが、ある程度郊外においてはこれくらいが一般的ではないでしょうか?
リビングがこれより小さい場合、他の部屋と隣接していて、間仕切りをあければ一体となる、というような間取が多いです。
実際に子どもが小さなうちはリビングに全員集合するかもしれませんが、ある程度大きくなると、なかなか全員はそろいませんし、小学校低学年くらいまでは、通路となっている残りの2畳におもちゃを広げたりして遊んでいることも多いと思います。
そのあたりも考慮すると、リビングが10畳もあれば、狭いと感じることはほとんどないと思います。

では、リビングが8畳ではどうでしょうか?
この場合も使い方次第で十分満足できると思います。
実際にテレビ、テーブル、ソファを置いているスペースは8畳くらいなので、リビングとしての機能は8畳あれば十分満足できるわけです。
では、10畳との違いはというと、残り2畳分のスペース、10畳で想定した通路となってしまう部分が少なくなるように考えればいいのです。
リビング内の動線となる部分をできるだけ減らすように考えます。
そうすることによって、8畳を無駄なく使用する。
後は部屋の印象によって受ける圧迫感を減らす。
吹き抜けをつくったり、大きな掃き出し窓を付ける、家具の高さを低く抑えるなど工夫によって、狭く感じさせないようにします。
そうすることによって、8畳でも狭いと感じることはないでしょう。

さらに、もう少し狭く、6畳ではどうでしょうか?
これはさすがに狭く感じてしまうと思います。
でも、感じるだけで実際には効率よく家具を配置できさえすれば、6畳でもそこまで狭いわけではありませんし、不便はありません。
ただ、壁が多いと圧迫感は感じますので、できるだけ解放感を出すようにダイニングやキッチンとのつながりを考えるといいでしょう。
また、リビングに必ずと言っていいほどあるもの、テレビの大きさも考える必要があります。
6畳の部屋に大きなテレビを置いてしまうと、部屋の小ささを強調してしまいます。
リビングにあるもののなかで、ソファとテレビは比較的大きな存在感を出します。
この二つが部屋の中で主張しだすと、部屋の狭さが強調されて、狭いと感じてしまいます。
ちなみに、ソファを置かない場合には、6畳でもたいして狭さを感じないかもしれません。

リビングだけで10畳を超えるような場合は、狭いかな?などと考える必要はありません。
十分な広さのリビングとなります。
今度は逆にリビングにある家具やソファーなどの物の大きさとスペースのバランスを考える必要が出てきます。
大きなスペースはあるのに、家具が小さいと部屋の余白が多すぎて見た目のバランスが非常に悪くなります。
さらにテレビも大きいものにすべきです。。
広いリビングには、大きなテレビでないと逆に殺風景になってしまうのです。
本当はテレビはそんなに見ないから大きなテレビは必要ない、かといってテレビなしもという訳にもいかない、こんな風に考えてテレビは新調せず、今まで使っていた小さ目のテレビを持っていくと、全体のバランスがくずれてしまい部屋全体として見たときに何か変だな、と違和感を感じることになります。

LDKを広く取れない場合

予算の都合や土地の広さの関係上、そんなに大きいLDKは難しいということもあると思います。
それでもリビングは広くしたい。
そんな時はダイニングソファを検討してみるのも一つの方法です。
実際、一般家庭においてダイニングとリビングを分ける必要はあまりありません。
ダイニングソファを採用して、リビングとダイニングの兼用とする。
もしくは、こたつのようにローテーブルにして、兼用とするかですね。
これで一気にスペースにゆとりができたはずです。
最近はダイニングソファもかなり種類も豊富になり、カフェのような雰囲気になるなど好評のようです。

考えてみると、ダイニングとリビングが一体のほうが都合がいい場合も多いのです。
夕食時にお酒を飲みながら、ちょこちょことつまんでのんびりと過ごす。
友人が来た時も同じです。
このような時はダイニングにずっといるということもあります。
リビングがあると、なんとなく移動することになるのですが、ツマミとグラスとみんなで大移動。
なんだか面倒なのです。
それならダイニングソファでずっと過ごすほうがのんびりとできます。
片付けも一ケ所となり楽ですしね。

ちょっと狭いLDKのメリット

LDKが狭いということはデメリットばかりとも言い切れません。
メリットも存在しています。
まずは、エアコンの効きがいい。
LDKが広いということは空間が広いということ。
とにかくエアコンの効きが悪くなります。
スペースに合わせて大きな容量のエアコンを付けますが、どうしたって効きが悪くなる。
広い部屋の隅などはなかなか効かなり場合が多いです。

もう一つの大きなメリットは、狭さが快適なときもあるということ。
たとえば、一人暮らしをしたほとんどの方は、6畳や8畳のワンルームの部屋に住んだことがあると思います。
その時、部屋が狭くて不便で仕方ない、なんて思ったことはあるでしょうか?
多少狭いと感じても、すべてのものが手近にあってむしろ便利に生活していませんでしたか?
狭いと感じること、と、狭くて不便と感じること、この違いは結構大きいのです。
多くの場合、なんとなく狭い、と感じるくらいの広さは、生活してみると特に問題はなく、むしろ、コンパクトで機能的ともいえる広さなのです。
それぞれにとって必要な広さは違うので、一概にこれくらいは狭くないとも言えませんが、LDKを無理やり広くする必要はないと思います。

実際に使える広さは意外と異なる

結局、リビングの広さはどれくらいがいいのでしょうか?
これは本当に難しい。
ソファやテレビなどを配置してみると、実際にはリビングだけで8畳もあれば十分快適に過ごすことができます。
でも、この8畳は通路となる部分などを含んでいません。
ソファの後ろ側に通路があって、そこもリビングに含めるとすると、もっと大きなリビングが必要ということになる。
ただ、その通路をダイニング側に含めれば、リビング単体としては8畳で十分とも考えられます。
今の間取は、ほとんどの場合、LDKがつながっていると思います。
この場合、リビング、ダイニング、キッチンの動線部分がどうなっているのかをきちんと考える必要があります。
ソファやダイニングセットを置くスペースは意外と小さいものです。
それよりも、動線として人が通る通路などのスペースが意外と大きいと感じると思います。
快適に過ごす上でのスペースはそれほど必要ないわけですから、実際の広さよりも、いかに狭く感じさせないかが重要です。
通路とLDKのつながりを上手に利用して、狭く感じさせないように工夫すれば、広さは関係ないとも言えます。

狭く感じない大きさは?

キッチン、ダイニング、リビング。
LDKで20畳が一つの基準と書きましたが、実際の間取を見ると様々です。
LDKでは20畳と同じでも、リビングが広めのものもあれば、キッチンが広めのものもある。
本当にそれぞれなのですが、やはり20畳というのは広めだと感じる絶妙のサイズのようで、どの家を見ても20畳くらいあると狭いと感じることはほとんどありません。
LDKで20畳程度、リビングは8~10畳。
これくらいが一つの基準と考えてください。
これより大きければ広いと感じますし、小さければもしかしたら少し狭いかな、と考えリビングやダイニングなどにちょっとした工夫をするといいでしょう。
広さが同じでも、部屋のつながり、吹き抜け、窓の大きさにより、印象は本当に変わります。
実際の暮らしにおいては、LDKで18畳もあれば十分、リビングが8畳以下でもほとんど問題ない大きさです。
あまり数字だけにとらわれずに考えたほうがいいと思います。

関連おすすめ記事



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする