基礎断熱はメンテナンス性を犠牲にしている

普通は断熱は壁や床に入っているもの。
それを家の基礎まで断熱してしまおう、というのが基礎断熱です。
確かに、冬に床が冷たくて足から冷えてくるというのはよくあることだと思います。
それなら床暖房を設置すればとも思いますが、初期費用、ランニングコスト、さらにいずれくる故障。
いろいろ考えると躊躇してしまいます。
ならばと考えられたのが基礎断熱でしょうか。

0318

床下を部屋の中と考える

普通は床面に断熱材が入っていますが、床ではなく基礎のところに断熱材を施工する。
これが基礎断熱です。
基礎断熱にも2種類あって、基礎外を断熱する方法と基礎内を断熱する方法があるのですが、いずれを行った場合も、基本的に床下を部屋の中と同様に考えます。
基礎を断熱することによって、床下の温度を下げないようにする。
さらに、1階から床下基礎内に暖房された空気などの暖かい空気を送るようにするなど、基礎内をあたためて換気する仕組みをつける。
そうすることで基礎内が暖かくなり、床が冷たくなくなる。
非常に理にかなっています。
床暖房ほど初期費用はかかりませんし、故障というものもありません。
いいことずくめに感じますが、やはりデメリットがあります。

シロアリに弱い

基礎を断熱材で覆うことによって、シロアリ被害を発見することが遅れてしまいます。
シロアリは基礎を蟻道というもので上っていくようなのですが、基礎断熱があるとそれを目視で発見できなくなってしまいます。
そして、さらにシロアリにとって都合がいいのは、基礎内が暖かいということです。
ほとんどの虫にとって、寒さは一番苦手なもの。
当然シロアリも苦手としています。
でも、基礎断熱により基礎内を暖めることによって、地面と接している基礎がシロアリの好む環境となってしまうのです。
環境がいい上、発見も遅れる。
この点では大きなデメリットといえるでしょう。

基礎を覆うことにはデメリットが多い

基本的に、メンテナンス性の面で、メンテナンス必要箇所に簡単にアクセスできるということが重要なのですが、基礎断熱では、基礎部分を断熱材により覆い隠してしまいます。
それにより基礎に欠陥が発生した場合に、その発見が遅れることになってしまいます。
家の基礎は非常に大切です。
家のすべての重さを支えているのが基礎ですから。
その基礎に発生するかもしれない不具合や問題、ひびや割れなどを覆い隠してしまうかもしれないのです。
メリットとデメリットを比べて、あまりおすすめできるものではないように感じます。

温暖な地域では不要

日本では北のほうの寒い地域ならともかく、比較的温暖な地域ではメリットよりデメリットが大きくなってしまうように感じます。
また、寒い地域においても、確かに熱を逃がしにくく効果はありますが、構造上もっとも大切な基礎を目視による点検ができなくなるデメリットがあるということを認識した上で、採用することをおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク