へーベルハウスを止めた理由

四角くて外壁に特徴がある。
鉄骨で高い。
何も知らない状態でのへーベルハウスのイメージはこんなところでしょうか?
モデルハウスに行くとさらに詳しく教えてもらえます。
へーベル板がどのようなものであり、どんな特徴があるか、などなど。
でも、我が家は早々に断念しました。

とにかく値が張る

超絶に高い。
高すぎる。
我が家がお願いしたハウスメーカーの中で最も見積金額が高かったのがへーベルハウスでした。
予算は伝えたけど、これくらいになってしまいますって感じでしたね。
正直言って、見積をお願いしたのが恥ずかしくなってしまいました。
まあ、営業さんもわかっていたことだと思いますが、接客に時間を取らせてしまって申し訳ないと感じるくらいでした。

ALC外壁の見た目って・・・

へーベルの外壁はおそらくあのALCだけなのではないでしょうか?
鉄骨でALC。
これが必要がないのにへーベルハウスを選ぶ理由がないような気がする。
正直言うと、私は個人的にあの外壁はそれほど好きではなかったのです。
でも、地震が多い日本ではやはり強い家が欲しいと思って、へーベルハウスにも見積をお願いしましたが、やはり正直外壁はそれほど好きにはなりませんでした。
さらに、あの外壁には、メンテナンスとして再塗装が必要らしい。
予算が厳しい我が家の場合、当然ランニングコスト、メンテナンス費を貯めるのも苦しそうだなって感じました。

3階建てにはよさそうだけど

へーベルハウスは、鉄骨で外壁はあの厚さのALC。
すごく強いだろうということは想像できますし、実際強いのだと思います。
地震がきても安心感はあると思う。
でも、普通の2階建てにあの強度は必要なのだろうか?
もし万が一の大地震への備えとしても、そこまで強度が必要かな?って疑問を感じました。
要は予算の関係ですが、それなら強度は普通の家でいいから、もう少し広い家を、と考えてしまいました。

全体としての印象はいい

個人的には、かなりの数のハウスメーカーから見積をいただきましたので、営業さんもかなり多くの方にお世話になりました。
その中でもへーベルの営業さんは一番好印象でした。
家も悪くない。
家自体も非常に頑丈なのでしょう。
はっきりとここが問題だ、というような点もありませんでした。
けれど、見積を見て一瞬であきらめました。
予算は伝えてあったのですが、まったく足りなかった。
おそらく、家に対する要望はすべてかなえようと思ってくれて、その場合これくらいはかかりますという見積だったのだと思います。
出てきた金額は、あっけにとられる金額でしたね。
あまりのことに営業さんには申しわけなかったのですが、思わず笑いが出てしまいました。
まあ、他のメーカーでも、予算不足と思わされましたが、へーベルハウスでは圧倒的な予算不足でした。
プランが違うため簡単に比較はできませんし、仕様をきちんと比較したわけではありませんので単純な金額の比較ですが、積水ハウスよりかなり高かったです。
まあ、積水はシャーウッド、対してへーベルは、鉄骨だから当然のことで仕方ないかもしれませんが。

関連おすすめ記事



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. やす より:

    2018年現在では30年保証。
    その間の点検補修は無料ですよ。
    防水塗装が30年で必要ですが400万払えばまた30年保証です。
    60年で400万の維持費です。

    キチンと説明を受けたのでしょうか?
    たしかに坪90万にはなりましたが、約52坪でコミコミ6700万でした。
    キッチン、お風呂などはグレートの高い物でした。

    • house-knowhow より:

      コメントありがとうございます。

      数年前のことになるので現在とは異なるかもしれません。
      誤解させてしまい申し訳ございません。

      当時は10年保証、再塗装は20年目に予定されていたと思います。
      今では30年保証なのですね。
      30年は躯体に限ったことだと思いますが、その間の点検補修が無料というのはすごいかもしれません。

      坪単価90万!
      うらやましい限りです。