カーテンは想定外の事態を生む

カーテンはほぼすべての家についています。
でも、家を建てるときには後回しにされて、そこまで考慮しません。
以前は、窓にはカーテンが普通で他の選択肢はほとんど考慮されませんでしたが、最近では、各種ブラインド、スクリーンなど種類もいろいろあり選択の幅は広がりました。
そのため後からでも何とでもなることも間違いではありません。
ただ、時として後からではどうにもならないことも起こるのです。

想像よりはかさばる

カーテンやブラインドというのは薄いものですが、実際に取付けてみると意外とスペースが必要です。
カーテンも開けたときに束ねてみるとなかなかの大きさとなる。
特にこだわりのない方の場合、最初に想像したよりもまず間違いなく大きく感じると思います。
カーテンを開けて束ねるとそこそこのボリュームの出っ張りとなる。
こういったことをなにも考慮していないと想像よりも邪魔になるのです。

カーテンとエアコン

カーテンとエアコン。
どちらも壁に取り付けますよね。
まれにですが、この二つのスペースが重なってしまい、どちらかを小さなものにするしかないという状況になることがあります。
カーテンレールを通常の長さにすると、エアコンを少し小さなものにしないと取り付かないという状況です。
まあ、たいていは多少短くしても、気にならない程度で済ませられるのですが、ごくまれに窓枠ギリギリにしないといけないということも起こりえますので、少し注意が必要です。
また、最近の高性能なエアコンの中には、これまでより幅の広いものが増えていますので、注意してください。

カーテンと収納の扉

この点はハウスメーカーや工務店側も気がついて、クローゼットがある場合は、すぐのところには窓を付けない間取りになっていると思います。
あまり起こらないことなのですが、まれに施主からの要望により間取りを変更していった時などいつの間にか窓がクローゼットのすぐそこになってしまい、実際にカーテンレールを取付けたら、クローゼットの扉をあけたとき、カーテンレールが干渉するようになってしまうことがあります。
本来は工務店側に気が付いて指摘してほしいのですが、施主からの要望に応えているうちに、うっかり見落とされてしまうこともあり得ますので、注意が必要です。
カーテンというのは、レールを外付けでなく窓枠の内側に取付ける方法もあるのでどうにもならないわけではありません。
ただ、枠内に取り付けると光が多少漏れるというデメリットもありますし、やはり普通の施工ができるようにしておいたほうが選択の幅も広がるので特殊な施工を仕方なく採用するというような状況にはならないほうがいいと思います。

カーテン、シェード、ロールスクリーン どれがいい?

カーテン、シェード、ロールスクリーン、他にもまだありますが、窓には、主にこの3種類を検討すると思います。
この3種類だと、存在感を一番主張しているのがカーテンです。
カーテンにはひだがあり立体的なため大きく場所をとりますし、かなりの存在感。
対して、、一番スッキリして、存在が薄いのがロールスクリーン。
これはひだがまったくない。
シェードもカーテンよりはスッキリですが、ロールスクリーンにはかないません。

選ぶときの大前提として、動かし方の違いがあります。
カーテンは横に、シェード、ロールスクリーンは縦に動きます。
これが選択の最重要項目といってもいいかも。
日の光を遮るときに、カーテンでは閉めると暗くなってしまいますが、シェードやロールスクリーンでは、目線の高さまで光を遮るように開閉を上下に調整することが出きます。
これが非常に便利。
カーテンを半分閉めるというのも可能ですが、このときの状態を考えると、シェードやロールスクリーンのほうが見た目がスッキリとして好印象。
カーテンだと、なんとなくだらしない印象になってしまいます。

シェードやロールスクリーンを使用していて気になることは、この二つはあまり窓を開けたときに閉めていることをあまり考えられていないということ。
レースのカーテンなら窓が開いていても風にそよぐだけで何も問題になりませんが、シェードやロールスクリーンでは問題となります。
どちらも下にウェイトが入っていることが多いと思うのですが、それが風に振られて窓に当たったりするのです。
カツカツと音を出したりしますし、編戸ならそのうち壊してしまいそう。
窓を開けて使うような場所で半分閉めた状態にしたいような場合には、シェードなどはあまり向いていないのかもしれません。

窓枠内にレールやカーテンを取付けたい。
こんな時はロールスクリーンが一番適していると思います。
非常にすっきりしていますし、枠ギリギリにするのもやりやすいです。

大きさを把握しておくことが重要

カーテンと聞くと薄いものという印象ですが、カーテンレールもありますし、束ねれば結構大きい。
シェードやロールスクリーンも同じ。
取付には多少のスペースが必要です。
この辺りを把握したうえで、間取を検討しておけば、カーテン周辺のトラブルには巻き込まれないで済むと思います。
まあ、カーテンでのトラブルは住み心地にそれほど関わることもありませんので、大きなトラブルでは無いことが多いので、軽視されがちです。
とは言え、見た目という面ではかなり大きな影響となります。
インテリアにこだわりたい、という方はカーテンなどを取付けることを間取り段階から気を付けたほうがいいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク