シャッターと防犯ガラスどちらがいい?

一戸建てにおける防犯という点で一番危ないのは窓です。
これは間違いありません。
以前はピッキングが世間をにぎわせましたが、今ではそれほど件数が多くないらしい。
これがマンションやアパートでは違ってきます。
それは侵入できる窓が少ないから。
マンションなどではどうしても玄関扉からの侵入が多くなりますので、ピッキングも警戒が必要です。
でも、一戸建てとなるとピッキングなどという面倒な作業はあまり行わないようです。
理由は簡単。
すぐそこに簡単に割れる窓があるから。
窓を割って鍵を開け、そこから侵入する。
このほうが遥かに速く、簡単だからです。
確かにガラスが割れる物音は出ますが、時間はほとんど掛かりません。
玄関前でごそごそしているほうがそりゃあ泥棒としては嫌な時間でしょうからね。

0325

窓の防犯

防犯を強化するなら、一番危険と思われる窓をまず対策しないといけません。
窓の防犯については、大きく3種類あります。

・窓を開けると警報音が鳴る防犯用のブザーをつける
・窓ガラスを防犯ガラスにする
・窓にシャッターをつける

このあたりが一般的な防犯対策だと思います。

窓の防犯ブザー

防犯用のブザーは、セットしておくと窓を開けるとブザーが鳴るというもの。
ただ、あくまでブザーが鳴るだけ。
家が留守なら誰も来ませんので、実際には警告の意味しかありません。
でも、これは意外と効果があると思われます。
防犯対策がしていない家はたくさんあります。
あえてブザーが鳴ってしまった家に入る必要はないので泥棒も逃げ出す可能性があります。
実際にはブザーを停止させる方法を知っていれば、簡単に止められるのですが、あえてリスクを犯してまで家に侵入を試みるかというところです。

防犯ガラス

窓ガラスにフィルムが張ってあったりして割れにくい。
これが防犯ガラスです。
侵入時に時間がかかるため、その段階であきらめさせるというもの。
これは想像以上に効果的だと思われます。
ただ、防犯ガラスを簡単に割る方法もあるようですので、徐々に効果は薄れているかもしれません。
それでも泥棒側から考えると面倒は避けたいもの。
効果は大きいと考えます。

シャッター

窓のシャッターを閉める。
これは効果的です。
シャッターを壊すのは意外と簡単なのですが、何も無い窓に比べれば面倒でもありますし、シャッターは金属でできているため壊す時に音が出るため、あえてそこを狙うことはしないと思います。
ただ、手動でのシャッターの開閉は実際にやると面倒極まりない。
今では電動シャッターもありますので、スイッチ一つで動かすことも可能です。
毎日閉めたいなら電動シャッターにしていないと、閉めなくなってしまうかもしれません。

どの対策が効果的か?

すべての対策を採れば一番いいのでしょうが、コストも掛かりますのでそんなわけにはいきません。
では、どれを採用すべきか?
防犯対策として、ブザーだけでも悪くないのですが、やはり防犯ガラスやシャッターと併用することによって、より強力な防犯対策になると思います。
防犯ガラスとシャッターについては、甲乙つけがたいものがあるのですが、あえてどちらかを、ということなら防犯ガラスをおすすめします。
シャッターの弱点は開閉が面倒なことです。
例えば、夜寝る時には毎日閉めるかもしれませんが、ちょっと買い物にという時にシャッターを閉めることはまず無いと思います。
閉めなければシャッターの効果はまったくありません。
でも、防犯ガラスは、採用していればいつでも防犯対策として機能しています。
電動シャッターならこまめに閉めることも可能かも、と思うかもしれません。
でも、こういった自動で動くようなものには故障がつきものです。
いざ閉めようと思ったとき電動シャッターが壊れてしまって、動かなくなってしまった、ということも起こりえます。
修理すればいいのでしょうが、どうしてもある程度費用がかかる。
コストパフォーマンスからも防犯ガラスが一番効果的だと思います。

セキュリティ会社について

防犯ガラスに追加して、ブザーを設置する。
これで十分だと思いますが、それ以上の防犯対策となるとセキュリティ会社を利用することも有効です。
ただ、問題はやはりその費用。
家庭にどれくらいの現金がありますか?
それを毎月いくらで守るのでしょうか?
ある程度の資産をお持ちの方以外は採用する意味は無いように感じます。
最近では預金通帳と印鑑があっても銀行側はなかなか多額の引き出しには応じてくれません。
ということは基本的には現金がどれくらいあるかが重要。
我が家を例にすると、大きな買い物はクレジットカードでしますので、現金なんてかき集めても10万円も無いような状態です。
しかも、留守を狙われるなら、財布は当然持って出かけるため、さらに少なくなりますね。
これを月5000円、年間だと6万円も費用をかけて守る、というのは少し違うかなと感じます。

窓に行けなくする

窓の対策において、もう一点簡単なものがあります。
そもそも窓にアクセスしにくくしてしまおうというもの。
これは難しいのですが、この点から考えると敷地周りをあまり厳重に囲みこまないほうがいいのかもしれません。
よく言われることですが、塀で囲んでしまうと、周りからの死角になってしまうため、敷地に侵入されてしまうと逆に犯行が楽になってしまいますから。
また、セキュリティ会社がもっとも有効なのはこの点です。
カメラやセンサーで敷地に侵入したら警備員がやってくるなど、この対策においてはもっとも有効だといえるでしょう。
セキュリティ会社以外の対策としては、あまりありませんが庭に砂利を引くというもの。
土だと歩いても音がほとんどしませんが、砂利は音が鳴りますから。
それほど効果は期待できませんが、砂利の色や種類も豊富にありますし、見た目も美しくなる。
防犯上、何もしないよりは間違いなく良いので敷地周りの砂利敷きも悪いことではありません。

0326

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク